はじめてキャッシングに申込む時に気になるのが「在籍確認」

いろいろ情報はあるけど、実際はどういったものなのか、本当に必要なものなのかといったところに疑問を持つことが多いはずです。

この記事で、そのあたりの疑問を解消してください。

在籍確認の電話を携帯にしても意味がない

キャッシングに申し込んだら、避けては通れないものが「審査」ですが、その審査で行われる在籍確認は勤務先へ電話が入るのはほとんどです。

中には在籍確認なしで審査を行うキャッシング会社も少数ではありますが存在します。しかし、基本的には在籍確認の電話は必ずかかってくるといって良いでしょう。

在籍確認の電話は必ず自分が勤める勤務先へかかってくるようになっており、「◯◯(個人名)と申しますが、△△さん、いらっしゃいますか?」といった感じで、会社名を出さず、個人が電話をかけたようにして在籍の確認をしている場合がほとんどです。

なぜ在籍確認の電話が必要なのか?

それは、申込み時に入力した内容(勤務先)に嘘がないかを確認するためです。

ですので、入力した勤務先が嘘の情報であると分かれば、当然、審査には通りません。そして、そのキャッシング会社からはキャッシングできないということになってしまいます。

たまにですが、在籍確認の連絡を自らの携帯にして欲しいという人がいます。

個人から電話がかかることがないような勤務先なのか、それとも会社での評判がすこぶる悪いのかはわかりませんが、その会社に在籍しているかどうかの確認を携帯電話にかけても全く意味がありません

この在籍確認の電話ですが、勤務先へ連絡があったときに、本人(キャッシング申込者)が出ないといけないと思われている方も少なからずいらっしゃいますが、そんなことはありません。

例えば、あなたが営業をしているなら、終日、席を外していることもあるかと思います。そのときに連絡があったとしても、勤務先の他の方が「△△はただいま、外出しておりますが…」といった具合に返答していれば、それで在籍の確認はOKです。

消費者金融のほとんどでは在籍確認は本人が出なくても良いのですが、銀行の一部では本人が電話に出る必要があるケースもわずかながらあるので、申込み時に確認しておくとよいでしょう。

勤務先で自分が電話を受ける事が出来るなら一番良い

在籍確認の内容や方法については、おおよそ理解できたのではないでしょうか。

この在籍確認は審査上重要な事項ですので省く事は出来ません。ただ、どうしても勤務先への在籍確認の電話が不都合である、というのであれば、他に方法はないか相談してみる事もひとつの方法です。実際にごく稀なケースでは直近の給与明細などの提示で、在籍確認とする事もあります。

しかし、ほとんどの場合において、勤務先への在籍確認は必ず行われますので、代替措置を取ってもらうえる事は少ないと考えておいてください。

ただ、たまにですが、在籍確認の前に携帯へ連絡をくれる会社もあります。

「今から勤務先へ電話をしますが宜しいですか?」などの確認の電話を事前に携帯にしたあと、勤務先へ在籍確認の電話を入れてくれます。

このように、事前に連絡があれば、自分が電話を取る事も可能です。

そうすれば、「ひょっとして、お金借りようとしてる?」なんて具合に、勤務先で怪しまれるなんてことはないかもしれません。

「在籍確認なし」「審査なし」には気をつけて!

ネットなどでも良く「在籍確認なし」「審査なし」などの言葉を見かけますが、これは非常に危険です。こういった甘い言葉に騙されて闇金などの悪徳業者に引っかかってしまうケースが多々あります。

銀行であろうと消費者金融であろうと、審査の際には在籍確認を必ず行います。それほど重要な項目であるにもかかわらず、その項目を判断材料に取り入れずにお金を貸し出すというのは、おかしな話なわけです。

また、闇金などの悪徳業者はカモとなる顧客を見つける為に「嘘の勧誘」をします。

審査なし、在籍確認なしとう謳えばそれを鵜呑みにして申し込みをしてくる利用者がいるのも考えてネット媒体などでも堂々と宣伝しています。

闇金からすればどこで働いていようと関係なく、取り立て行為を行います。その為審査なし在籍確認なしという言葉を使っているのですが、実際に電話をしてみたら兄弟の情報や勤務先などにまで聞かれるなんてことがよくあります。

その目的は本人が返済出来なくなれば、親兄弟関係なく取立てを行い、違法な高金利の返済を迫り、脅迫まがいな方法でお金を取り立てる為です。

この闇金とのやりとりにおいては携帯を使う事が多く、本人が電話に出なければ勤務先や兄弟など色んなところに電話をします。

こういった悪徳業者は勤務先の電話番号さえ分かれば良いので、在籍確認の電話はしない事があります。

在籍確認に関してこちらの記事も参考に!
在籍確認なしで借りれるカードローン!必要書類一覧

在籍確認の電話が嫌なら借りない方が良い?

在籍確認は審査において非常に重要な項目であることと、避けて通ることがほぼできないということを説明しました。

まれに、代替措置として「直近の給与明細の提出」等で在籍しているとみなしてくれるところもありますが、それは期待しない方がいいでしょう。

それでも、在籍確認の電話に抵抗があるのであれば、キャッシング自体を諦めるしか方法はありません。

「いや、それでもお金を借りないといけない」というのであれば、申込み時に事情を説明して、他に在籍確認が出来る方法がないかなどを根気強く相談する方法しかありません。

あとは、後は電話のかかるタイミングを見計らって、自分が会社の電話に出るといった方法で問題をクリアするかになります。

もし、勤務先の誰にもバレたくないというのであれば、申し込みの前にしっかりと計画を練っておかないといけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね