起業をするにあたり、しっかりした事業計画書を作成し、計画内容が無理のないものであれば、さっそく事業資金を借りに行きたいところ。しかし、事業計画書など必要書類がそろっていたとしても、そう簡単に事業資金を融資してくれるようなところはありません。

事業プランも明確で、事業計画書もしっかりとしたものが出来ているのにもかかわらず、事業資金を貸してもらえないのはつらいですね。

では、事業資金を借りるために一体どのようなことを心掛けていけばいいのでしょうか。今回は、金融機関から事業資金を貸してもらうためのイロハについて、詳しく見ていきたいと思います。

事業資金には3種類のものがある!

まず、事業資金は大きく3種類に分けることが出来るということはご存知でしょうか?

事業を立ち上げるための「起業資金」
設備投資に回すための「設備資金」
事業を行ってゆくための「運転資金」

以上の3つに分けることが出来ます。そして、これら目的別に分けられた3種類の資金は、それぞれに最適な融資依頼先があります。

起業資金の借入先で最適なところは?

事業を起こしたばかりで裏付けとなる業績等がほとんどない場合、融資依頼先はかなり限られてきます。

ただ、日本政策金融公庫商工組合中央金庫といった政府系金融機関であれば、事業計画書の内容次第で融資を受けることができます。

政府系金融機関は民間の金融機関に比べて、中小企業や個人事業主へ積極的に融資をしてくれます。公的な融資ですから、金利も民間の金融機関に比べて低めに設定されています。しかし、資金の使途などに関しては厳しい制約があったりしますので、いい加減な事業計画書では融資に通らないということも覚えておきましょう。

設備資金と運転資金を借りる時の注意点

「設備資金」および「運転資金」に関しては、金額が高額になりますので、基本的に無担保での融資は厳しいと考えておいた方が良いでしょう。

一応、無担保での貸し付けを行ってくれる融資プランがある金融機関もあるのですが、事業的な裏付けのない事業に対しては、かなりシビアな審査が予想されます。担保等を用意することがどうしてもできない場合には、「信用保証付き融資」が現実的な選択肢だと言えます。

「信用保証付き融資」というのは、担保や保証人が不要となる代わりに、信用保証協会が返済不能となった場合の融資金を肩代わりするというものになっています。

ですので、「信用保証付き融資」の場合には毎月の返済金額のうちいくらかを信用保証協会に支払うことで、無担保での貸し付けが可能となるのです。信用保証協会への保証料は各金融機関によって利率が異なりますので一概には言えませんが、返済金額の中でそれなりのウエイトを占めることは確かです。

それでも、担保不要で融資をしてもらえることは事実なので、現実的な選択肢としては頭に入れておくと良いでしょう。

しかし、信用保証付き融資であったとしても、中小企業や新規立ち上げ事業の場合には審査に通らない場合も数多くあります。そのような場合に、「設備資金」および「運転資金」を用意するには、一体どうすればよいのでしょうか。

銀行に断られてしまった場合はノンバンク系融資!?

銀行から融資を受けられなかった場合、資金調達は一気に難しいものとなってしまいます。銀行に代わる現実的な融資依頼先には、一体どのような金融機関があるのでしょうか。

銀行に融資を断られてしまったら、一度ノンバンク系融資の道を探ってみましょう。

ノンバンク系とは、文字通り銀行ではない金融機関全般を指します。消費者金融会社信販会社クレジットカード会社は全て、ノンバンク系金融機関に含まれます。

ノンバンク系金融機関は、銀行のように各行横並びの画一的な審査基準を持っておらず、自社の中で独自の審査基準を設けています。ですから、会社によっては銀行よりも比較的緩い審査基準で事業資金を調達することが可能になるのです。

特に消費者金融会社は、銀行に比べると非常に甘い審査基準で事業資金を融資してくれると考えてよいでしょう。銀行で断られていても、消費者金融会社における審査基準ならば問題ないという場合もかなり多くなっています。

また、ノンバンク系金融機関全般に言えるのは、審査スピードが非常に迅速であるということです。

様々な条件にもよりますが、場合によっては即日融資も十分に期待できますので、今すぐに運転資金を借りたい、銀行や公的融資の結果が出るまでの「つなぎ資金」として今すぐにお金が欲しい、という方にとっても、ノンバンク系金融機関は非常に頼りになる存在なのではないでしょうか。

ただ、銀行や公的融資に比べると、ノンバンク系金融機関の金利は高めなのがネックです。

しかしそれも、甘い審査基準や即日融資が可能なことのサービス料だと考えれば納得できるでしょう。銀行に断られた場合には、ノンバンク系金融機関の門戸をたたいてみるというのもアイデアのひとつだと思います。

新時代の融資形式、クラウドファンディングとは?

最後に、従来の金融機関等に頼らない、新時代の事業資金調達方法に触れておこうと思います。

近年起業家の間で注目を集めているのが「クラウドファンディング」というものです。クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の人々が投資または融資してくれるという、夢のようなシステムのことです。

クラウドファンディングでは、自分たちの事業について主にインターネット上で十分な説明を行い、その事業計画に賛同してくれる方々が自分たちの資金力の中で投資や融資を行ってくれるというものになります。

もちろんその賛同者たちに対しては、特に投資の場合には何らかのインセンティブをもたらさなければ、クラウドファンディングとしては成立しませんから、融資を募る側にはよりしっかりとした事業計画が求められると言えます。

従来の金融機関から融資を受けられないような方は、ぜひこういった新しいシステムに自らの可能性をかけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね