キャッシングをするにあたり避けては通れないのが審査です。キャッシングをしたいと自分では思っていても、必ず審査に通る訳ではありません。

そしてあまり知られていないいないのですが、キャッシングの審査に落ちる人は意外と多く、申し込みをした人の半数近くが実は審査を通過出来ずににキャッシングが出来ないのです。

申し込みした人の半分と考えれば年間でどれぐらいの数の人が、キャッシングの審査において審査落ちとなっているのか?

それを考えれば審査に通過する事はすごく難しい事なのかとも考えてしまいます。

審査に落ちる原因は自分にある?

さてそんなキャッシングの審査ですが、審査に落ちる原因として考えられるのはどの様な事でしょうか。

どこでキャッシングをするのがいいのかを調べて、申し込みをしたとしても、申込先が首を横に降れば契約は成立しません。つまり申込先で決められた審査基準をクリアできなかったということです。

そして、その審査に落ちた原因は何かという事は、キャッシング会社、及び審査会社は絶対に教えてくれません。ですので、審査に落ちた場合は、なぜ審査に落ちたのかという理由を色々な面から考え、原因をおおまかにでも特定していく事が必要になります。

もし、どうしてもお金が必要でキャッシングの申し込みをしたのであれば、たかだか1件、審査に落ちたからといって諦めようという風には簡単にはならないと思います。

ただ、次に申し込む際には審査に通過出来る為の準備をしないといけません。

しかし、審査に落ちた原因が自分にあると考えず、選んだ会社が悪かったなどと考える人が多く、何の対策をすることなく2件目へ申し込みをするといったことがほとんどです。

もちろん会社によって、審査基準が違うので通過するかもしれませんが、可能性としては非常に低いものとなるでしょう。

そして、2件目の審査に落ちたとなれば、焦りが出てしまって、何件も一気に申し込みをしてしまい、俗に言う申込ブラックという状態になってしまいます。

申込ブラックになると、しばらくの間は申し込みを出来ない状態になるので、審査に落ちた場合は必ず原因がどこにあるのかというのを分かる範囲の中だけでも良いので考えるようにしましょう。

勤続年数が持つ意味を理解する

キャッシングの審査に落ちる原因として多いのは、過去に金融事故を起こした経験がある人です。

その中でも、多重債務や大きい借金をして返済できなくなり、債務整理自己破産といった法的手段をとった場合は一番審査に通る可能性が低くなっています。

もちろん法的手段を取って整理したのではなくても、踏み倒したり長期に渡る延滞をしたりとなれば、金融事故として信用情報機関の履歴に残ってしまうので、履歴に残っている間は審査に通ることは難しいでしょう。

他にキャッシングの審査に落ちる原因としては、勤続年数で引っかかってしまうケースが意外と多い様で、その会社に勤めて間がないのに、キャッシングを申し込んでも審査をする側としてはあまり良い印象を持たないことが多いようです。

この勤続年数に関しては最低でも1年、理想としては2年以上と長ければ長いほどキャッシングの審査においては有利になる事は覚えておきましょう。

他に審査に落ちる原因として考えられるのは、年収という面でも審査に落ちる可能性は十分にあり、実際に収入面での不安から審査に落ちる人も少なくありません。例を上げると年収が250万円なのに借入希望額を100万円など、明らかに総量規制の範囲からはみ出しているので、こういったケースも審査に落ちる原因となります。

また、総量規制の範囲ギリギリでの借入を希望する場合も注意が必要で、最初から大きな金額を借りるより、最初は少なめの金額で申し込みをして、利用実績を付けてから増額をするといった方法が審査面においても良い結果が出る可能性が高くなります。

最近多い審査落ちの理由は入力ミス?

先述した理由以外に、キャッシングの審査に落ちる原因で多いのが、入力ミスによるものです。

現在、キャッシングの申込みは、ほとんど場合、パソコンまたはスマホを利用して申し込みが行われていますが、ココに大きな落とし穴があるのです。

パソコンやスマホで申し込みをする場合、普段から操作に慣れている人であれば、変換ミス誤字脱字に気づいたりするのですが、そうでない場合、誤字脱字などに気づかないまま申込みをしてしまい、結果、審査落ちでしまうといったケースが多く見られます。

細かく言えば、カタカナと漢字の入力間違い。

電話番号、番地、名前においても、一文字違うだけでも正確な情報ではありませんので、それが原因となり審査に落ちてしまうということです。

ネットが普及したことで、キャッシングの申込みだけでなく、利用面においても便利になりましたが、人によっては、それが逆に審査落ちになる原因になってしまっているというのが現実です。

特に、パソコンやスマホの操作に慣れていない場合であれば、入力した内容に間違いがないかを、一字ずつ正確に確認する事が必要です。

こういった単純なミスで通過できるはずの審査に落ちてしまうというのは、非常に時間がもったいない話です。

審査落ちの原因で多い、その他ものは「多重債務」で、複数の借り入れがあるのにも関わらず、違う会社に申し込みをしてしまう場合です。

現状で、借り入れ件数が多いとやはり印象は良くありません。

総量規制の範囲内で仮に100万円まで融資可能だとしても、一社で100万円を借りてる人よりも、20万円や30万円を何件かから借りてる人の方が審査に落ちやすいという傾向があります。

借入件数が多い場合、キャッシング会社から見たらどの様な印象を持たれいるかというと…

「なぜ1社目で増額を出来なかったのか?」
「1社で多く借り入れできるほど与信がないのか?」

という疑問を抱かれる事になり、シビアに審査される可能性があるので注意が必要です。

借入件数は少なければ少ない方が、審査においては有利に働きますので、できるなら残高が少ない会社へは全額返済するか、おまとめローンなど利用して、借入件数を減らすということを先に考えた方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね