少額融資でその場が凌げるそんな方へ耳よりな情報です!

「1万円だけ借りたい!」
「あとちょっとお金が足らない」

このような時って、結構ありますよね。そんなときにカードローンの利用を考える方も多くいるかと思います。

しかし、1万円だけ借入するような少額融資は可能なのでしょうか?結論から言えば可能です。ただし、少額融資を狙うなら知っておくべき事がいくつかあります。

そこでカードローンの少額融資に関するポイントや注意点を解説してみました。同時に少額融資に即日対応してくれるカードも紹介しています。この記事を読めば、「少額だけ借りたい!」そんなあなたの希望がきっと適います!

1万円だけ借りたい!そんな少額融資って本当に可能なの?

多くのカードローンは1万円から借入が可能となっています。低ければ1,000円単位で借入できるカードもあります。そのため、1万円だけを借りるといった少額融資も可能なのです。

そもそも、カードローンは限度額とは別に最低借入額が決まっています。例えば、限度額が30万円だとしても最低借入額が1万円なら、1万円だけ借りるようなことができるのです。このため、限度額いっぱい借入する必要はないんですね。

少額融資とは一体いくらまでのことか?

小額融資に明確な基準はありませんが、数千円~5万円くらいまでになるかと思います。どんなに多くても10万円は超えないでしょう。そこで今回は5万円くらいまでを少額融資として話を進めていきますね。

少額融資は審査に通りやすい!?こんな噂があるけど本当なの?

少額融資は審査に通りやすいというよりも、少額なら借入できる可能性が高い言ったほうが正しいかと思います。その理由として、融資可能額(限度額)は審査によって決まるからです

いくら借入れできるかはあなたの返済能力次第!

カード会社はあなたの返済能力をもとに限度額を決定します。「スコアリング」という方法を使い、年収や職業、勤務年数などの個人情報、他社の返済履歴や利用記録などの信用情報から、あなたの返済能力をスコア化するのです。そのスコアによって限度額を決定するんですね。

例えば、30点満点中、20点なら限度額100万円までというような感じです。(実際はこんな単純ではありません)このため。高額の融資をしてもらうには、それだけ高いスコアが求められます。

一方、少額融資であればそのハードルが下がります。スコアリングの点数が低くなってしまい、限度額が低くなってしまっても、希望額を借入できる可能性が高いのです。

このように限度額はあなたの返済能力よって決定され、高額になるほど難易度が上がるため、少額融資のほうが成功率が高くなるんですね。

申込時の希望額を低めに申告すると審査が甘くなる!?

申込時には借入希望額を入力することになります。この希望額を「低めに申告したほうが審査に通りやすい」という噂があります。しかし、この真偽については正直不明です。

先にもお伝えしたように限度額はスコアリング審査によって決定します。あなたの返済能力をスコア化して、それを基準に決定されるのです。

借入希望額は、あくまで「これぐらい借りたい」というあなたの希望にしかすぎません。実際、どれくらい借入できるかはカード会社が審査をして決定します。

希望額を1万円と申告しても、50万円まで借入可能となることもありますし、100万円と申告しても30万円までになることも多々あります。

このため、借入希望額は審査にそこまで影響しないのではないかと思います。もちろん、記入事項としてある以上、まったく影響しないとは言えません。それでも限度額はカード会社が決定する以上、低めに申告しても審査が甘くなるようなことはないでしょう。

少額融資はこんな人におすすめ!審査上不利でも大丈夫

「収入が低い」「職業が不安定」などの理由で、審査上不利になってしまう人もいます。そのような人たちは高額の借入れには不向きです。しかし、少額融資なら十分にチャンスはあるのです。審査上は不利でも、少額融資に向いているのは以下のような人たちです。

専業主婦や年金受給者

銀行系カードローンの中には、専業主婦や年金受給者でも利用できるカードがあります。だだし、限度額の上限は通常よりも低くなることがほとんどです。高くても30万円が上限になるかと思います。それでも少額を借入するなら、十分な枠を得られるかと思います。

派遣社員・新入社員など勤務年数が短い人

審査には勤務年数も重視されます。派遣社員・新入社員はこの点で不利となります。派遣はいつ切られてもおかしくないですし、新入社員はゼロに近いです。そのため、勤務年数のスコアが低くなり、高額の限度額は期待できません。それでも1万円~5万円程度借入するなら難しくはありません。

他社借入が多い人

他社借入額が多い人の場合、大きな枠は貰えない可能性が高いです。とくに消費者金融などの貸金業者は総量規制があるため、年収の1/3までしか借入できません。

例えば、年収300万円の場合、貸金業者では1/3の100万円までしか借入できません。このとき、他の貸金業者での借入が、90万円と年収の1/3近くあったとしましょう。この場合、貸金業者での借入は10万円までしか不可能です。

銀行系の場合でも他社借入が多いと、限度額は低くなります。他社借入が多いと返済能力を低く見積もられてしまうからです。そのため、他社借入が多い人は高額の借入は非常に難しく、まず無理と言っていいかと思います。とはいえ、少額融資なら十分に借入できる可能性があります。

他社借入についてはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。他社借入件数はバレる?借りられる件数は?カードローン審査の裏側

【必読!】少額融資のデメリット~金利は最高値に設定される!?

ここまで少額融資の良いところばかり伝えてきましたが、もちろんデメリットも存在します。少額融資のデメリットは金利が高くなるケースが多いことです。

カードローンの金利は限度額によって決定されます。限度額が高くなるほど金利は下がっていくのです。例えば、「楽天銀行スーパーローン」の場合、金利は以下のように設定されます。

限度額 適応金利
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

上記のように限度額が高くなるほど、反比例して金利は下がっていきます。このため、低金利で借入しようと思ったら、限度額を上げてもらわないといけません。

消費者金融系・銀行系ともにどのカードも100万円未満の限度額ですと、最高金利になることがほとんどです。金利3.0%~18.0%とあれば、最高の18.0%に設定されることが多いんですね。

上記の楽天スーパーローンの場合も100万円未満ですと、最高金利の14.5%となっています。少額融資を希望する場合、限度額は100万円未満になるケースが多くなりますので、金利も最高値になりがちです。

このように少額融資の場合、金利が高くなってしまうのことが多いというデメリットがあるのです。

1万円の少額融資が希望!それでも限度額は10万円以上になることが多い

借入希望額は1万円だったとして、限度額はそれ以上になることが多いです。カード会社にもよりますが、最低限度額は10万円~というカードが多いからです。

そもそも限度額と借入額は別!

限度額と借入額はおなじではありません。限度額とはカードの上限借入額のことです。限度額50万円までなら50万円まで借入できるということになります。この限度額は各社によって最低額が決まっており、10万円~というカードが多くなっています。

それに対して借入額はその時、借入するお金のことです。2万円借入したなら、その2万円が借入額となります。借入額も最低額が決まっており、1万円~というカードが多く、低いカードなら1,000円単位で借入できます。

カードローンは限度額の範囲内で、各社で決められた最底借入額から自由に借入できるローンです。借入する会社の最低借入額が1,000円単位なら、限度額10万円でも1,000円単位で借入できるんですね。

また、何度かお伝えしている通り、限度額はあなたの返済能力によって決まります。あなたの返済能力から、限度額30万円が妥当だと判断されれば、借入希望が1万円でも限度額30万円になるのです。このように少額融資の場合、実際に借入できる上限額は希望額よりも多くなる可能性が高いのです。

使いすぎる心配があるなら限度額を低くしてもらおう!

「必要以上の限度額はいらない」、「使いすぎが怖い」このような方もいるか思います。こうした場合、限度額は希望すれば低くしてもらえます。審査の結果、限度額30万円になったとしても、カード会社に下げてほしいと言えば、10万円や5万円までにすることが可能です。使いすぎ等の心配がある人は限度額を下げてもらうのもおすすめです。

少額融資に即日で対応可能!そんなカードをまとめてみた

「今日中にお金が必要!」カードローンを利用するときは「即日で!」という方も多いでしょう。そこで、銀行系・大手消費者金融・中堅消費者金融の中で少額融資に即日対応してくれるカードをピックアップしてみました。

少額融資に即日対応してくれる銀行カードローン

カード名 最低借入額 金利
イオン銀行カードローン 1,000円~ 3.8%~13.8%
みずほ銀行カードローン 1,000円~ 3.0%~14.0%
新生銀行カードローン レイク 1,000円~ 4.5%~18.0%
楽天銀行スーパーローン 1万円~ 1.9%~14.5%

少額融資に即日対応してくれる大手消費者金融

カード名 最低借入額 金利
アコム 1万円~ 3.0%~18.0%
モビット 1万円~ 3.0%~18.0%
プロミス 1,000円~ 4.5%~17.8%
アイフル 1,000円~ 4.5%~18.0%

少額融資に即日対応してくれる中堅消費者金融

カード名 最低借入額 金利
フタバ 1万円~ 14.959%~17.950%
ライフティ 1,000円~ 8.0%~20.0%
ハローハッピー 1万円~ 10.00%~18.00%
キャレント 1万円~ 7.8%~18.0%
フクホー 1万円~ 7.30%~18.0%

即日融資を狙うなら時間や曜日に注意!

即日融資はタイムリミットが決まっています。とくに振込の場合、平日14時~15時までということがほとんどなので要注意です。各社によって決められた時間内に手続きを完了させないと、その日のうちに振込が反映されないので気をつけてください。

自動契約機も24時間利用できるわけではありません。各社によっても違いますが、22:00くらいがタイムリミットです。時間内に間に合うよう十分に余裕をもって申込みましょう。

また土日祝は振込が反映されませんので、即日融資を狙うなら、自動契約機のある会社を利用しなくてはいけません。自動契約機のある会社なら、その場でカードを受取れますので土日祝であっても即日融資が可能です。

少額融資なら無利息サービスを活用すべし!賢い借入のための必須知識

少額融資の場合、「無利息サービス」のある会社を選ぶと賢く借入できます。カード会社の中には「30日間無利息」などのサービスを展開している会社がありますが、少額融資と非常に相性が良いのです。

無利息サービスを展開している代表的なカード会社一覧

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット
  • ノーロン
  • 新生銀行カードローン レイク

無利息サービスはその名のとおり、サービス期間中は一切利息が発生しません。そのため、サービス期間中に完済してしまえば利息無料で借入できます。

無利息サービスの多くは30日間ですので、一括で返済しないと次回の返済時に利息が発生します。しかし、少額融資の場合なら一括で返済するのも難しくはありません。よって、カードローンなのに利息0円で借入することが十分可能になるのです。

このように少額融資の場合、無利息サービスと非常に相性が良く、利息なしで賢く借入することが出来るんですね。

「ブラックOK」それ100%闇金です!少額でも利用すると地獄行き!!

稀に「ブラックOK」や「無審査で融資」など謳っている業者があります。こうした業者は100%闇金なので利用してはいけません。

お金に困っていると、このような甘いフレーズに誘われてしまいがちです。しかし、冷静に考えて「ブラックOK」や「無審査で融資」などはありえません。虚偽の表示となる誇大広告となりますので、正規の業者なら口が裂けても言いません。

闇金を利用してしまうと法外な金利を設定されたり、強引な取立てによって、自分だけでなく、周りの人に迷惑がかかってしまうこともあります。それによって、人間関係が崩壊したり、社会的信用を失った人も少なくはないのです。

たとえ少額だとしても、ブラックOKなどと謳っている業者から、絶対に借入しないようにしてください。

限度額が低い・・・。そんな場合でも増額のチャンスはあります!

最初の限度額が低い場合でも、利用実績を積めば増額してもらえる可能性があります。増額は増額審査を受けることで可能です。審査はカード会社に電話すれば受けることができます。ただし、審査なので増額NGとなってしまうこともあります。

審査に通る可能性を上げるには返済実績と、取引回数を増やして信用を上げることが重要です。しっかりと期日までに返済しており、なおかつ継続的な利用があれば優良顧客と判断してもらえる可能性が高くなるのです。

こうした人は増額すればまた利用してくれる可能性が高いですし、返済遅れの可能性も少ないので、カード会社も積極的に増額しようとするんですね。そのため、審査に通りやすくなるのです。

このように利用実績を積めば増額してもらえる可能性がグッと上がります。まずは半年程度利用してから、増額審査に申込むのがおすすめです。

さいごに

「1万円~5万円の少額を融資してほしい」カードローンなら、このように少額借りたいといったニーズにも対応可能です。大手のカードローンなら、スピード審査&スピード融資が可能で、申込当日に借入することもできます。無利息サービスのあるカードもありますので、上手に利用すれば利息無料で借入することも可能です。