• 実質年率 14.0~15.0%
  • 限度額 100万円
  • 審査時間 最短10分
  • 即日融資
  • 低金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
セブン銀行カードローンは、Web完結できて書類は不要、最短10分で審査結果をお知らせします。
セブン銀行口座のキャッシュカードさえあれば全国のセブン銀行ATMから借入れ・返済が可能なのでとても便利なローンサービスです。
融資スピード 最短即日
担保 不要
保証人 不要
保証会社 アコム株式会社
返済方式 元加方式
返済期日 毎月27日
遅延損害金(実質年率) ―%
申込条件 セブン銀行口座をお持ちの方
契約時年齢満20歳以上満70歳未満
アコム株式会社の保証を受けられる方

セブン銀行について

セブン銀行は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどを展開する小売りグループの、セブン&アイ・ホールディングスの傘下の銀行です。

2000年前後に、政策として金融規制の緩和が行われましたが、このときにイトーヨーカドーとセブンイレブンが中心となって設立したのがアイワイバンク銀行で、この銀行が前身となり、2005年に現在のセブン銀行となりました

他の金融機関との違いは、ATMの手数料を主な収益源としているところです

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、小売店を幅広く展開していますから、そこにATMを設置して奥の人が利用するというビジネススタイルをとっています。

店舗がたくさんあることから、ATMもたくさん設置できるというメリットを生かした経営を行っています。一般的な銀行のように、融資のリスクを負って収益を得ることはあまりしませんから、銀行としての安定性は非常に優れていると言えるでしょう

例えば、カードローンには大きなリスクが伴うのが普通なのですが、セブン銀行カードローンの場合には保証会社としてアコムを利用することによって、カードローンのサービスを提供する際に生じるリスクを抑えて利益を確保しています。

セブン銀行カードローンのメリット

セブン銀行カードローンのメリットは以下の5つです。

  • 最短10分の審査
  • 即日融資可能
  • 来店不要
  • セブン銀行の口座があれば必要書類は一切不要
  • ATM手数料無料

審査時間は最短10分&最短即日で融資が可能

セブン銀行カードローンの審査は最短10分と非常にスピーディーです。

さらにセブン銀行の口座をお持ちなら、即日融資も可能となっています。そのため、「急ぎでお金が必要になった!」といった場合でもすぐに借入れすることが可能です。

来店不要WEBで完結!

セブン銀行カードローンは申込~契約までWEBで完結。 WEB上でかんたんな必要事項を記入するだけで、申込~契約まで来店不要で終了します。そのため、忙しい人でも心配することなく申込が可能となっています。

セブン銀行の口座があれば必要書類は一切不要!

セブン銀行カードローンは、セブン銀行の口座があれば必要書類は一切不要です。本人確認書類や収入証明を用意する必要がありませんので、申込が非常に楽チンです。

ATM手数料は必要ナシ!0円で利用可能

セブン銀行カードローンの利用は、セブン銀行ATMでおこなうことになります。

このときに、曜日や時間帯に関わらずATM手数料は一切かかりません。ATM手数料は少額とはいえ、何度も発生するとけっこうな額になりますので、無料というのは大きなメリットです。

セブン銀行カードローンのデメリット

メリットに続いてデメリットも確認しておきましょう。セブン銀行カードローンのデメリットは以下の2点です。

  • 限度額が最大50万円と低め
  • セブン銀行の口座がないと即日融資不可

セブン銀行カードローンの限度額は新規の場合、最大50万円と他社と比較するとかなり低めです。

契約後、増額してもらったとしても最大100万円までですので、やはり他社よりも低いです。そのため、高額の借入には向いていません。 また、即日融資が可能なのはセブン銀行の口座をお持ちの人のみです

審査自体は最短10分で終了しますが、即日融資を受けるにはセブン銀行のキャッシュカードが必要です。このため、セブン銀行の口座をお持ちでない人は即日融資を受けられません。

セブン銀行カードローンが向いているのはこんな人!

セブン銀行カードローンは、セブン銀行口座をお持ちで「今すぐお金が必要!」というような人です

セブン銀行カードローンの最大のメリットは、セブン銀行口座ありなら、書類不要で申込ができ、即日融資が受けられる点です。申込に手間がかからずに契約完了後は、手元のキャッシュカードでセブン銀行ATMからすぐに借入できますので、急いでお金が必要なときに非常に最適なカードローンです。

セブン銀行カードローンの金利はいくら?他社とも比較!

ここからはセブン銀行カードローンの金利について解説していきます。セブン銀行カードローンの金利は限度額によって決まり、以下のように設定されます。

限度額 適応金利(年率)
10万円・30万円・50万円 15.0%
70万円・100万円 14.0%

新規の場合、限度額は最大50万円までなので金利は15.0%均一となります。契約後、増額してもらい限度額70万円以上になれば、14.0%まで下がります

大手消費者金融や大手銀行カードローンの金利と比較

「セブン銀行カードローンの金利は他社と比較して高いか低いか?」と気になっている人も多いかと思います。そこで大手消費者金融と大手銀行カードローンの金利と比較してみましょう。

大手消費者金融の金利一覧

カード名 金利(年率)
モビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%

大手銀行カードローンの金利一覧

カード名 金利(年率)
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
M銀行カードローン 1.8%~14.6%
Z銀行カードローン 2.0%~14.0%

セブン銀行カードローンの金利は新規の場合、どなたでも15.0%均一となります。

では他社の場合どうなるかですが、基本的に上限金利からスタートとなることが多いです。例えば、金利4.5%~18.0%となら、18.0%からスタートなるということですね。このため、どのカードローンも上限金利で比較する必要があります。 上限金利で比較した場合、大手消費者金融の平均は18.0%、大手銀行カードローンの平均は14.5%付近になっています。

よって、金利が15.0%均一のセブン銀行カードローンは大手消費者金融と比較すると低くく、大手銀行カードローンと比較するとやや高めとなっています。

セブン銀行カードローンの限度額はいくら?他社とも比較!

金利の次は限度額についての解説です。セブン銀行カードローンの限度額は新規の場合、最大50万円で以下の3つのコースから選択することになります。

  • 10万円
  • 30万円
  • 50万円

選択した限度額になるとは限らない!

ただし、選択した限度額に必ずなるかと言えば、そうではありません。

セブン銀行カードローンに限らず、カードローンの限度額は審査によって決まります。審査で申込者の返済能力や信用を判断し、その結果によって限度額が決まるのです。よって、50万円を選択したとしても審査結果によっては30万円や10万円になってしまうことがあります。

契約後は最大100万円まで増額可能

新規の場合は最大50万円までですが、契約後に増額すれば最大100万円まで借入が可能です。

ただし、増額には初めて借入してから約6ヶ月以上経過している必要があります。また、審査もありますので、審査結果によっては増額NGになってしまうこともありますので気をつけておきましょう。

大手消費者金融と大手銀行カードローンの限度額と比較してみよう!

次に、セブン銀行カードローンの限度額が、他社の限度額と比較してどうなのかを見ていきましょう。今回は大手消費者金融と大手銀行カードローンの限度額と比較しています。

大手消費者金融の限度額一覧

カード名 限度額
プロミス 最大500万円
モビット 最大800万円
アイフル 最大500万円
アコム 最大800万円

大手銀行カードローンの限度額一覧

カード名 限度額
新生銀行カードローン レイク 最大500万円
三井住友銀行カードローン 最大800万円
M銀行カードローン 最大500万円
Z銀行カードローン 最大800万円

セブン銀行カードローンの限度額は他社より低め

セブン銀行カードローンの限度額は新規の場合、最大50万円までですので、大手消費者金融と大手銀行カードローンよりも大分低めになっています。このため、50万円以上の借入をしたい場合は他社を選択したほうがいいかと思います

表に記載した限度額はあくまで最大限度額です

先の表に記載した限度額はあくまで最大限度額です。

限度額は審査で決まるため、実際に表の最大限度額が誰で設定されるわけではありません。 とくに総量規制がある消費者金融は、年収の1/3までしか借入できないため、最大限度額で借入するのはまず無理でしょう。銀行カードローンにしても、年収の影響は大きく受けますので同様です。

こうしたことから、「最大限度額が高い=たくさん借入ができる」というわけではありません。 限度額は審査によって決まり、その審査もどこもおなじような方法をとっています。そのため、どのカードローン会社でも結果は似たようなものになりますので、設定される限度額に大差はつきません。

この点はしっかり理解しておくようにしてください。

セブン銀行カードローンの審査と融資の時間はどれくらい?

お金が必要なときは「今すぐに!」と緊急性をともなっていることがほとんどです。

そのため、「審査や融資までの時間はどれくらいかかるのか?」と気になっている人も多いでしょう。そこでこのコーナーでは、セブン銀行カードローンの審査と融資のスピードについて解説していきます。

セブン銀行カードローンの審査時間と融資時間

セブン銀行カードローンの審査時間と融資時間は以下のようになっています。

  • 審査時間:最短10分
  • 融資時間:最短即日

審査時間は最短10分と非常に早く、即日融資も可能となっています。口コミなどを見ても審査は数十分で終了し、即日融資ができたという意見が多かったので、非常にスピーディーなカードローンであると言えます。

即日融資を受けるにはセブン銀行の口座が必要

即日融資を受けるにはセブン銀行の口座を持っている必要があります。

セブン銀行カードローンは、セブン銀行のキャッシュカードを使って利用する形になります。そのため、手元にセブン銀行のキャッシュカードがないと契約が完了しても、利用ができません。 セブン銀行の口座がない場合、カードローンの申込と同時に開設することになります

その場合、キャッシュカードが届くまでに1~2週間程度かかるため、即日融資は受けられません。 セブン銀行の口座をお持ちでない人は、この点に注意しておくようにしてください。

セブン銀行カードローンの申込に必要な書類

申込に必要な書類を事前に把握しておくことは非常に重要です。

どのような書類が必要なのか事前に把握しておけば、申込後に調べたり、用意したりする必要なく、申込がスムーズになるからです。そこで、セブン銀行カードローンの申込に必要な書類について解説していきます。

申込に必要な書類は口座あり・なしによって違う

申込に必要な書類は口座あり・なしによって違ってきます。そこで、それぞれのケースにわけて解説していきます。

セブン銀行の口座ありの場合

セブン銀行の口座があれば書類は一切不要です。よって、なにも用意する必要はありません。必要事項を記入するだけで申込~契約まで可能です。

セブン銀行の口座なしの場合

セブン銀行の口座なしの場合、セブン銀行の口座開設のために「本人確認書類」が必要になります。

口座申込時に提出する必要はありませんが、キャッシュカードの受取りの際に、以下のような書類を玄関先で、郵便局員に提示する必要があります。

  • 免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳

上記の他にも有効な書類はあります。詳しくは「日本郵便株式会社」のホームページで確認しておきましょう。

セブン銀行カードローンの申込~融資までの流れ

必要書類が把握できたら、次は申込~融資までの流れについても知っておきましょう。

申込はインターネットからおこなうことになりますが、その流れはセブン銀行の口座をお持ちか、そうでないかによって違います。そこで、それぞれのケースにわけて解説していきます。

セブン銀行の口座をお持ちの場合

セブン銀行の口座をお持ちの場合、申込~融資までは以下のような流れになります。

  • ダイレクトバンキングサービスから申込
  • 審査~審査結果の通知
  • 契約
  • 融資

セブン銀行の「ダイレクトバンキングサービス」から、「ローンサービス(カードローン)」の申込をしましょう。

必要事項を記入しましたら、審査が開始されます。審査結果は、最短10分でセブン銀行に登録してあるメールアドレスに通知がきます。無事に審査に通過できましたら、その後は契約するだけです。契約完了後は、セブン銀行のキャッシュカードで、セブン銀行ATMからすぐに融資が受けられます。

セブン銀行の口座をお持ちでない場合

セブン銀行の口座をお持ちでない場合、まずは口座開設をする必要があり、以下のような手順で手続きしていくことになります。

  • メールアドレスを登録
  • 届いたメールから口座開設の申込手続き
  • キャッシュカードを受取る
  • ご利用開始登録
  • ローンサービスの契約手続き
  • 融資

まずはセブン銀行の公式サイトから、「ローンサービスと同時に口座開設」に申込みましょう。

メールアドレスを登録しますと、そのアドレスに申込手続きページへのリンクが記載されたメールが届きますので、リンク先から24時間以内に口座開設の手続きを進めていきます。

手続きが完了しましたら後日、日本郵便からキャッシュカードが届きますので、郵便局員に本人確認書類を提示して受取りましょう。キャッシュカードを受取ったら、同封されている案内書の指示にしたがって、ダイレクトバンキングサービスの「ご利用開始登録」をします。

ご利用開始登録をしましたら、メールでローンサービスの契約手続きの案内が届きますので、案内にしたがって手続きしましょう。

契約手続きが完了しましたら、お手元のキャッシュカードでセブン銀行ATMから融資が受けられます。

セブン銀行カードローンの借入方法

ここからは、セブン銀行カードローンの借入方法について解説していきます。セブン銀行カードローンの借入は以下の2つの方法によって可能です。

  • ダイレクトバンキングサービス
  • セブン銀行ATM

ダイレクトバンキングサービス・セブン銀行ATMどららも、基本的に24時間365日利用ができます。

手数料は利用時間帯・曜日にかかわらず無料です。ただし、システムメンテナンス作業などにより以下の時間帯は利用できませんので注意です。

借入方法 利用不可時間
ダイレクトバンキングサービス 毎月第3日曜日の23:30頃~翌日5:30頃
セブン銀行ATM 毎月第3日曜日の翌日0:30~5:30の間

セブン銀行カードローンの返済方法

借入方法に続いて、次は返済方法について解説していきます。セブン銀行カードローンの返済方法は以下のようになっています。

返済方法 セブン銀行口座(普通預金)から自動引落し
返済日 毎月27日(返済日が土・日・祝日・銀行の休業日の場合は翌営業日)

月々の返済額はいくらになる?

セブン銀行カードローンの月々の返済額は利用残高(借入額)によって決まり、以下のようになります。

利用残高 返済額
10万円 5,000円
30万円または50万円 10,000円
70万円または100万円 15,000円

上記の返済額はあくまで最低返済額ですので、多めに返済することは自由です。

そのため、お金に余裕のあるときなどは、ダイレクトバンキングサービスかセブン銀行ATMで、いつでも多めに返済することが可能です。

セブン銀行カードローンの利息はどれくらい?シミュレーションしてみた!

このコーナーでは、セブン銀行カードローンの利息がどれくらいになるかシミュレーションしています。

利息がどれくらいになるかを事前に知っておくことは、計画的な借入をするために非常に重要ですのでぜひ参考にしてください。今回は金利15.0%で「借入額×金利÷365×借入日数」で利息を算出しています。

借入額10万円のケース

返済日数 利息額
1年(365日) 15,000円
2年(730日) 30,000円
3年(1095日) 45,000円
4年(1460日) 60,000円
5年(1825日) 75,000円

借入額30万円のケース

返済日数 利息額
1年(365日) 45,000円
2年(730日) 90,000円
3年(1095日) 135,000円
4年(1460日) 180,000円
5年(1825日) 225,000円

借入額50万円のケース

返済日数 利息額
1年(365日) 75,000円
2年(730日) 150,000円
3年(1095日) 225,000円
4年(1460日) 300,000円
5年(1825日) 375,000円

シミュレーション結果をご覧のとおり、返済日数が長くなるほど利息が大きく膨らんでいるのがわかります

よって、返済日数はなるべくなら短くするのがおすすめです。最低返済額で返済していくと、返済日数が長くなりがちですので、余裕のあるときは多めに返済するなどして、返済日数を短縮し、利息をなるべくおさえたいところです。

他社との利息差はどれくらい?比較してみた!

「他社の利息と比較するとどれくらい差があるのか?」と気になっている人も多いかと思います。

そこで、大手銀行カードローンと大手消費者金融の中で、平均的な上限金利を持つ2社と比較してみましょう。

借入額30万円で比較

返済日数 セブン銀行カードローン
(金利15.0%)
三井住友銀行カードローン
(金利14.5%)
アコム
(金利18.0%)
1年(365日) 45,000円 43,500円 54,000円
2年(730日) 90,000円 87,000円 108,000円
3年(1095日) 135,000円 130,500円 162,000円
4年(1460日) 180,000円 174,000円 216,000円
5年(1825日) 225,000円 217,500円 270,000円

金利差が0.5%しかない、大手銀行カードローンの「三井住友銀行カードローン」との利息差はほとんどありません。

三井住友銀行カードローンのほうがわずかに低利息なくらいです。しかし、金利差が3.0%ある大手消費者金融の「アコム」との利息差はあきらかです。 とくに返済日数が5年と長期化した場合では、45,000円もの利息差があります。

こうしたことから、セブン銀行カードローンの利息は大手銀行カードローンより若干高めで、大手消費者金融よりは安くなっていると言えます。

セブン銀行カードローンの口コミ~利用者はどう評価している?

ここでは、セブン銀行カードローンを利用した人たちがどのように評価しているのか口コミをまとめてみました。 「利用者の口コミが知りたい!」という人はぜひ参考にしてください。まずは、高評価の口コミから見ていきましょう。

セブン銀行カードローンの利用者が評価しているのはこの部分

  • 審査が非常に早くてびっくりした
  • セブン銀行の口座があれば融資までとても早い
  • 土日も即日融資に対応してくれ助かった
  • セブン銀行の口座ありなら必要書類不要と申込が楽チン
  • ATM手数料無料なのが嬉しい
  • 申込~契約までネットで完結するので申込しやすい
  • 全国のセブンイレブンで24時間365日利用できるので便利
  • 限度額が少なめなので使いすぎる心配がない
  • 金利が15.0%一律とわかりやすい

セブン銀行カードローンに関して、高評価をしている人の口コミはこのようなものが多かったです。なかでも、審査が非常に早く、セブン銀行の口座があれば融資までが迅速という口コミが多かったです。

セブン銀行カードローンの悪い口コミは?

セブン銀行カードローンの悪い口コミはほとんど見かけませんでした。

ただし、あえて言うなら、金利が15.0%一律と銀行カードローンとしては若干高めなことと、限度額が最大50万円と低めなことに不満を感じている人もいるようでした。それでも、それは少数派でほとんどの人はメリットのほうが大きいと満足しているようです。

まとめ

セブン銀行カードローンは新規申込の場合、金利15.0%一律・限度額は最大50万円とスペック上では、たいしたことがないように感じるかもしれません。

しかし、審査時間が最短10分と非常にスピーディーかつ、セブン銀行の口座をお持ちなら必要書類は不要で、即時融資にも対応してもらえます。 その他にも、セブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスで24時間365日利用でき、しかも手数料無料など、サービス面でもかなり充実しています。

こうしたことから、とくにセブン銀行の口座をお持ちで「なるべく早くお金が必要!」というような人には、非常におすすめできるカードローンです。

  • 実質年率 14.0~15.0%
  • 限度額 100万円
  • 審査時間 最短10分
  • 即日融資
  • 低金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト