初めの心得・ルール決めをしておく

好きな人といつも一緒にいたい
2人とも一人暮らしで家賃がもったいないので一緒に住むことにした
将来的には結婚するつもりなのでとりあえず一緒に暮らしてみる

などなど、同棲を始めるきっかけは人それぞれです。

しかし、共通して言えるのは同棲は他人同士の共同生活で、家族・同一世帯となる結婚生活とは似て非なるものです。

恋人同志、好きな相手と一緒にいるだけで幸せで不公平が生じても「ま、いいか」となあなあになってしまうことはあると思います。初めのうちは許せても、時間が経つとストレスとなり、でも今更言い出せないということになってしまいます。

恋人といえども同性の友達とルームシェアするのと同じような感覚で、ルール決めは初めにしっかりとしておいた方がお互い気持ちよく生活ができます。

特にお金に関することは何かの際には言いだしづらいことなので、同棲を始める際にきっちりと決め事をしておいた方が良いでしょう。

費用についてのルール決めをする

結婚した夫婦はまず家計をどちらが握るか話し合います。

妻(または夫)が握る場合は夫(または妻)はお小遣い制、または共働きの場合はお互い生活費として一定額を家庭の口座に出し合い、それ以外は自分のお小遣いとして自分で管理する方式もあります。

同棲の場合は後者が近いでしょう。

家賃や光熱費、ネットや新聞などの固定費や食費や日用品など共通で使うものは2人で折半し、あとは自分の稼ぎは自分が管理するという人が多いと思います。または収入の多い方が固定費をだし、生活費は折半というカップルもいるかと思います。

一番良くないのは「その日ごとになんとなくどちらかが払う」ということです。

外食を払ってもらったから食材を買い物した代金は今日は自分が払っておく、などとしてしまうと、気付くと「なんか自分の支払い多くない?」とふと気付いてイライラしてしまうこともあります。

そのため、どの項目はどちらが払うか、基本をしっかり決めておかなければなりません。

具体的な管理の仕方は?

では、生活費を折半する場合はどのように管理したら良いのでしょうか。

結婚していれば家計の銀行口座を決めて入金してそこから使っていけば良いのですが、同棲だとどちらかの口座に入金すると、もし別れることになった場合面倒なことになりそうです。

そのため、例えば月に5万円ずつ出すのでしたら、毎月1日に5万円ずつ家計の封筒に現金で入れておいて、そこから使っていけば明白です。残ったら次月に繰り越すこともできます。

自分のお財布とは別に同棲費用(家計)のお財布を作っておいて、2人で出かける時はそれを持ち歩くのもわかりやすくておすすめです。

また、家具や家電など2人で使うものが壊れた時の買い替え費用の出所、所有権はどちらが持つのかについても買い替えの際に話し合っておいた方が良いでしょう。

縁起でもない話ですが、別れた場合にどちらが所有するのか、そこはクリアにしておきましょう。

大切だからこそシビアにすること

このように、同棲する際の心得は金銭的なことに関してはシビアなものが必要になります。繰り返しになりますが同棲は結婚ではありません

2人でする生活は結婚と内容はほぼ同じであるにも関わらず、2人は家族ではないのですから共同生活のルールが必要になるのです。

結婚を前提とした同棲の場合は、結婚後もそのまま一段落つくことなく結婚生活へと突入するので、特に最初のルール決めは大事になります。

この同棲生活が今後数十年の共同生活の礎となることを心得ておきましょう。

そして最も大切なことは、「一緒にいられるだけで幸せ」という甘い気持ちだけでは生活は回りません。特に金銭的なことは、場合によっては恨みつらみへも発展する重大なことです。

先々、大切な相手ともめることがないよう、初めのうちにスッキリと明確にルール作りをして、楽しく快適な同棲生活を送れるベースを作っておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね