「借金滞納」

そんなもの自分には縁のないものとして考えている方も多いかもしれません。

しかし、たとえば、突然勤め先が倒産して給料未払いで経営者が夜逃げした場合、親や配偶者が大病を患って入院してしまった場合、意外に簡単に我々は「借金」をしてしまうこともあります。期日までに返せなければ、それで立派な「借金滞納」です。

クレジットカードを使い過ぎて、返済ができない」

よくある「借金滞納」の例として、そんなトラブルもありますね。「万が一」の事態に備えて、滞納が続けばどうなるか、そしてその解決法を知っておいて損にはなりませんよ。

滞納から「訴訟」、そして「差し押さえ」まで

どこで、どのような手段でお金を借りるかにもよりますが、大体は次のような流れで督促が進むことになります。

1)督促の電話

期日までに返済ができなかった場合、あるいはクレジットカードの場合は引き落とし口座に残高が不足していた場合、まずは電話で督促が来ることになります。

初回の督促は、割合穏やかな口調です。「まだ確認できていませんが、どうなっていますか」という程度。クレジットカード会社によっては、数日の滞納ならば遅延損害金を課さないこともあります

2)督促状が郵送されてくる

滞納が続くと、いずれ家に督促状が届けられることになります。書面を作るのは、結構な手間です。業者も多少は「本気」というわけですね。これを無視すると少々厄介に…

3)自宅まで状況確認

「取り立て」というレベルではありませんが、場合によっては自宅まで職員が状況確認に来ることがあります

ただし業者ごとの「ガイドライン」で、自宅までの取り立てはNGとしているところも多いので、電話で「これ以上滞納するようなら自宅にお伺いしなければ仕方ありません」という警告程度で、実際には家には来ないというパターンも。

4)一括返済請求、あるいは裁判所への呼び出し

「督促状」の文章も随分と厳しいものになって、「一括返済請求」がやってきます。遅延損害金も含めて、場合によっては結構な額になります。

業者が申し立てれば、簡易裁判所から呼び出しが来ることもあります。裁判になると100%負けます。期日までに支払わない場合は、最悪なケースに発展します。

5)強制執行

滞納が続くと強制執行で、財産、給与が差し押さえられます

ただし、「裁判所~強制執行」までは、そうなかなかある例ではありません。ここまで支払えない人は、「破産」してしまうことがほとんどです。業者としては回収できないことが最悪なので、滞納者の債務がチャラになる「破産」をさせないためにも、度重なる督促とガイドラインすれすれの取り立てで、どうにかこうにか支払わせようとします。

借金滞納でもう返せない… どうすればいい?

では、もし借金を滞納してしまい、督促されても支払えない場合にはどのような対応を取ればいいのでしょうか?

おおよそは、次の4つの策を、順に試してみるべきでしょう。

家族に借りる

基本的なことですね。親や兄弟に借りることができるならば、それに越したことはありません。素直に頭を下げましょう。プライドに拘り、ホームレスになることはありません。

副業で稼いで返済

今の仕事だけは返済が追い付かない場合は、副業も視野に入れるべきでしょう。ネットを利用して、あなたの「特技」でお金を稼げないか、思案してみてください。たとえば「ココナラ」のようなサイトでは、ウェブデザイナーやライターの求人が常に出ています。

「おまとめローン」を利用

貸付条件はそこそこ厳しいですが、「おまとめローン」の利用も1つの方法でしょう。

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を、1つの借入先にまとめる、というものです。返済日も月に1回となり、金利が安くなることも。精神的な負担についても軽減されます。ただし、おまとめできる借入は3件程度まで。それ以上あると、仮審査の時点で弾かれてしまいます。

最近は、大口の借入も可能な銀行のカードローンをおまとめに利用するのが流行です。

最悪は「債務整理」

法的な手段で借金を減らしたり、あるいはチャラにすることもできます。

「債務整理」という言葉を、みなさん一度くらいは聞いたことがあるでしょう。任意整理民事再生自己破産という究極の方法ではありますが、本当に返せないときには考えてもいいでしょう。

詳しくは弁護士のいる法律事務所に相談してください。

借金の滞納は、債務者にとって非常に悩ましい問題です。しかし最終的に「破産」という制度を認めているこの国では、お金の問題で命を絶ってしまうような必要はありません。必ず何らかの解決方法があるはずなので、簡単に絶望せず、前向きに考えてみてください。

ただし、一度でも「滞納」してしまうと信用情報機関に記載され、いわゆるブラックリスト入りとなってしまいます。

こうなると約5年間は住宅ローンや自動車ローンの契約はできませんしキャッシングも利用できません。基本は、きっちり返済するのが一番です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね