キャッシングの一般的な理由で多いのは?

キャッシングをする場合、そのキャッシングの理由について答える場合、何と答えるのが理想的なのでしょうか?

キャッシングの申し込みをする際にお金の使い道などを入力する場合があります。

消費者金融、クレジット会社、銀行のカードローンなど、どのキャッシングに対しても資金の使い道を申し込みの際に記入または入力する欄が設けられているケースがあります。

そういった事を入力または聞かれる事がない場合は特に理由は必要なく審査に入りますが、申し込む理由が必須となっているケースであれば、審査の中の一部として取り扱われる事になるので、ここを適当に記入しては審査に落ちてしまう事も考えられます。

主婦であれサラリーマンであれ、お金を借りる際にの理由にあまり差はないと思いますが、一番多いのは生活費という名目が多いとされます。

生活費が不足しているので借りたいという内容であれば、審査に悪影響を及ぼす事はあまり考えなくて良いと思います。

逆に審査に悪影響をもたらす理由の回答としては、ギャンブルや他社の借入金の返済の為などは当然ながらこれからキャッシングを申し込む会社にとって、あまり良い印象は持たれない事は覚えておきましょう。

また主婦と言っても収入のある主婦の人は、審査の段階において特に理由を用意する必要はありません。

キャッシング会社も本人に収入がある以上は、通常と変わらない審査を行うので主婦である事は審査に悪影響を及ぼす事は少ないと考えられています。

一般的にキャッシング会社が用意している資金の使途理由は、生活費、冠婚葬祭、レジャー、医療費、教育資金、ギャンブル、他社の最後の返済その他などの項目が一般的となっています。

専業主婦の場合はどう答えたら良いのか?

「専業」ですので、もちろん安定継続した収入はないとみなされます。もしキャッシングをするのであれば、配偶者である夫の収入での返済を行うものと判断されます。

その場合は、「専業主婦の申込み可能」となっているキャッシングまたはカードローンへ申込みをしないと、確実に審査に落ちることになります。

キャッシングにおいては、基本収入がある事が前提となっている事が多いので、どうしても借りる先が限られてきます。ですので、専業主婦でお金を借りるというのであれば、申込みができるキャッシング・カードローン商品をしっかり選ぶことが最初のステップです。

借入先を選んだら当然審査を申込みをするわけですが、「借りるための理由」を事前に考えておく必要があります。

なぜなら、配偶者の収入による返済ですので、ショッピングや旅行という名目では印象が悪くなり、審査に影響を与える可能性も考えられるからです。ですので専業主婦の人がキャッシング・カードローンへ申込みをするのであれば、生活に関連する理由を答えるのが一般的であり無難な回答となります。

今はネット申込みが普及しているので、申し込みにおいてはパソコンやスマホなどから入力形式で回答を入れていく事がほとんどです。

その中で資金の使途理由の入力欄があらかじめ用意されているので、その時に生活に関連する理由にチェックを入れるだけで済む様になっているので難しく考える必要はないように思われます。

ただ申込みをした後に、確認の電話がかかる事があるので、会社によってはかなり詳しく理由を聞くところもありますので、事前に回答を準備しておくことが大切になります。

複数のキャッシングへの申込みは注意が必要です

キャッシングは誰でも使いたいものではありませんが、いざという時の為にはあると便利です。

そこで注意したいのが「短期間でキャッシングの申込みを行う」といった事です。主婦の人がキャッシングの理由として一番適しているのは「生活費」という事を紹介しましたが、その生活費という理由であっても短期間で複数のキャッシング・カードローンへの申込みを行うと、キャッシング会社も返済能力に疑いの気持ちを持つのは当然のことです。

「借りる会社が違うからバレないんじゃないの?」

それは大きな誤解です。まず、キャッシング・カードローンへの申込みをしたのち、申込者(または、その配偶者)の信用情報を確認するのです。

その情報には、他社から借入状況だけでなく、情報開示請求を受けたことまで記されているので、いつ申込みをしたのかということが簡単にバレてしまうというわけです。ですので、安易に他社への申込みをするというのは、絶対に避けないといけません。

例えば、1月にA社から生活費として20万円を借りたが、その月内に全て使ってしまい2月に別のB社で、更に20万円のキャッシングを申し込んだ場合、「なぜ、こんな短期間に40万円も借入れをしようとしているのか?」と考えるのは当然ですよね?

もし、自分がお金を貸す側であっても、同じ様に考えるはずです。

キャッシングを利用する理由と計画性が大事

主婦がキャッシングやカードローンへの申込みをする際に、申込み(利用)する理由を事前に考えておくことの大切さをお話しました。

ただ、理由はどうであれ、現在借入れをしている会社や銀行以外から借入れを希望する場合は、申込み(利用)する理由を考えることはもちろん、借りたあとの「返済」をどのように考えているかといったことまで考えておかなければいけません。

いくら、審査に影響なさそうな理由を並べても、返済できない可能性があるとみなされれば、審査を通ることはできなくなります。

事業性の融資とかではないので、返済計画書の提出を求められたり、それを口頭で伝えるといったことはありません。

ただ、すでに借りているところへ、毎月きちんと返済して残高を減らし、支払延滞金融事故などをすることがないように管理、計画しておかないことには、借りれるものも借りられなくなってしまいます。

もちろん、簡単なことではありませんが、「生活費」を理由に主婦がキャッシングするには、これくらいのことはしておかないと審査に通ることは難しいと考えてください。

それができたうえで、キャッシングやカードローンを申込む(利用)する理由が活きてくるというわけです。

もし、「他の会社で借入したい」となったときは、まず返済をどうするかを考えて、そのあとに理由を考えるようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね