他社で借入れをしている状態で、別の金融機関へ融資の申込みをしても通るものなのでしょうか?

2010年6月から施行された改正貸金業法で定められている「総量規制」は、どのように影響しているのか。この辺りも含めて詳しく見ていきましょう。

他社借入があってもお金は借りられる?

他社借入がある場合、問題になるのは「総量規制」による影響です。

現在、貸金業法の影響を受ける貸金業者の場合は、「年収の1/3」を超える貸し付けを制限されているため、それ以上の借入を希望しても実現することは出来ません。しかし、総量規制は貸金業法にのみ影響するものである為、その他の法律(銀行法など)で管理されている場合には制限を超えた金額でも借りれるので安心してください。

総量規制の影響が無い金融機関というと主に銀行になるのですが、銀行以外にも「銀行系消費者金融」などでは総量規制以上の借入をすることも可能です。

他社借り入れによって総量規制に届いてしまっているという場合であっても、銀行や銀行系の金融機関を利用し審査を通過することが出来れば問題なくお金を借りれるという事になります。ただし、借入総額によって審査通過の難易度が変わってくるため、簡単ではないという事も覚えておく必要があります。

他社借入れに関してはこちらの記事でもくわしく説明しています。
「他社借入件数はバレる?借りられる件数は?カードローン審査の裏側」

総量規制内であれば問題ない?

例えば、年収が300万円あれば総量規制の影響を受けている場合であっても100万円までは他社借入の有無にかかわらず借入を行える可能性があります。

年収が500万円であれば160万円ほど、年収が1000万円であれば330万円ほどの借入の可能性があります。年収が100万円であっても30万円ほどの借入はできますが、年収自体が少ない状況であれば「返済能力」という問題で貸付けを断られてしまう可能性も高くなります。

つまり、年収によって状況の違いが出てくるものの「総量規制の範囲内」であれば、他社借入があったとしても追加で新しい契約を結ぶことも可能です。

総量規制対象のカードローンやキャッシングの場合、問題なことは借り入れの件数では無く「債務総額」という事になります。契約の件数自体も審査には大きな影響を与えるものの、可能性としては十分にあるという事です。

総量規制対象外であれば審査次第で借りられる

例えば、銀行に住宅ローンマイカーローンの利用をお願いする際、仮に消費者金融などからの借入が総量規制の上限いっぱいまであったとしても審査を通過できる可能性はあります。また、事業を起こすための資金などのためにそれ以上の借入をお願いした場合であっても、審査次第で借り入れを実現することも可能です。

というのも、銀行は総量規制の影響を受けないからであり、極端な例を挙げるのであれば、年収100万円で1000万円の借入を行うことも可能です。

ただし、年収に対して借入希望金額が大きくなると審査も厳しくなるため、それに応じて担保や保証人をたてる必要性が出てきます。住宅ローンやマイカーローンの場合、購入する住宅や車自体が担保となる為、フリーローンなどと比べると審査を通過しやすくなっています。しかし、極端に高額(年収に対して)の借入れの場合は、その他に保証人などが必要になる可能性が高いです

公的機関であれば債務状況を問わず借り入れが可能

消費者金融・銀行などを利用せずにお金を借りる方法もあります。

例えば、「総合支援資金貸付」という社会福祉協議会が取り扱っている貸し付けもあります。総合支援資金貸付制度の場合、一度にまとまったお金を借りるということは出来ないものの、最長で1年の間毎月定期的な借り入れをすることが可能です。

この制度を利用する為には、年収などに厳密な制限があるものの、収入が少ないという場合であれば利用することは可能です。

ただし、この制度で借りたお金を借金返済などに充てることは出来ないとされているため、総合支援資金貸付で得たお金を使って借金を返済していくという事は出来ません

ただし、それ以外であれば使途は自由(基本的には生活資金として使うべき)である為、申請が受理されれば比較的自由に使うことは可能です。そのお金を使って生活をするも良し、貯金に回して何かに使用するも良しです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね