着物は意外に高く売れます。

邪魔だから捨てようと考えているなら、どうぞ思い直してください。

「でも、着物なんてどこに持って行って売ればいいの?」とお思いの方は、ネットを利用してください。ちょっと検索するだけで、驚くほどの数の買取業者が見つかるはずです。

着物買取業者と高く売れる理由

たとえば「宅配着物買取のヤマトク」「買取プレミアム」、あるいは「着物買取専門店、福ちゃん」など、評判の良い着物買取業者は本当に数多くあります。

いずれも「着物」という、今となってはマニアックな日本の装束に対しての理解が深く、正しく価値を見抜いて買取額を付けてくれます。依頼すれば自宅まで査定に来てくれる業者もあるのです。

着物売却において、絶対に考えてはいけないのが「リサイクルショップへの持ち込み」「ヤフオクへの出品」です。

リサイクルショップで査定をするのは、アルバイトのお兄さんやお姉さんです。着物の価値などわかるはずもありません。

ヤフオクに着物を出品するのは、非常に面倒です。

全体と、そして帯やその他の細部、そしてキズやシミなどがある場合はその写真も掲載しなければなりませんし、まず、一般の人にはどれくらいの価格を設定すればいいのかもわからないでしょう。

下手をすると、大変価値のある「作家物」を二束三文の値段で落札されることもありますし、あるいはずーっと値段がつかないままオークションに出品され続けることになり、そうするうちに物の劣化も進んでしまいます。

ではなぜ、このTPPなどとも言っているようなこのご時世に、特定の専門業者は着物が高く買取できるのでしょうか?

――実は日本古来の着物には、様々な販路があるのです。

海外ブーム

実は着物は、現在海外の一部で、熱狂的なブームとなっています。

オリエンタルな雰囲気が味わえるとして、特に女性たちが「ワンダフォー!」と騒いでいるのです。しかし新品で買えば、着物は当然高価です。それが古着ならば安く買えるとして、販売業者も国内での買取に精を出しています。売るならこのブームに乗っかった「今」しかありませんね。

最近では、お土産に着物を購入していく海外のゲストも多くなっているようですよ。

国内に古着としての需要も

ハロウィンの仮装を楽しむ日本人も近年は多くなってきましたが、それとは対照的に(と言うわけでもありませんが)着物をまとった大和撫子を見る機会は、本当に少なくなってきました。

しかし、京都の一部を中心に、まだまだ着物を日常的に着用している人は存在しています。そういう方たちは、往々にして「マニア」でもあるので作家物には目がありませんし、単純に数を増やしてオシャレにローテーションしたい方からの需要もあります。

素材としてのリメイク需要

古くなってしまった着物も帯も、使い道がないわけではありません。工芸品として利用価値も高いですし、リメイクして別のもの(たとえば鞄や服飾小物!)にするという使途もあります。

このような理由から、今、着物買取はとてもホットな状況なのです。

その着物、使わないなら今売ろう

箪笥で眠っている、「使わない着物」はありませんか?

買取業者に売って、必要な人に再利用してもらう方が、着物も幸せなはずです。

汚れていても大丈夫!

着物買取業者は、その道に精通しています。

多少の汚れもきれいに落としますし、クリーニング店とも連携していて、シミだって簡単に抜いてしまいます。虫食いがあっても、うまく再生し、必ずや「売れる状態」まで仕上げてくれるのです。箪笥で永久の眠りについているかにも思える古い古い着物と一緒に、下駄や襦袢なども業者に任せてみては?

成人式で着た「振袖」、売ってみよう

ハタチのお祝いに一度だけ来た振袖、もったいないから売ってしまいましょう。母娘代々着ていくのも素敵なことではありますが、着物にも「流行」というものがあります。

娘さんは、あなたがハタチのときに着た振袖を気に入ってくれるかどうかはわかりません。

嫁入りの着物も売ってしまおう

古くから日本では、女性がお嫁に行くときには何枚か着物を準備していったものです。

しかし、今となってはいかがでしょう。実際、着る機会も少なくなっているのではないでしょうか? 大切な思い出の品として取っておくのも悪くはありませんが、臨時収入にもなりますし、もし手放せるならば専門の買取業者に任せ、再利用してもらいましょう。

着物は段々劣化する…だから今売ろう

高温多湿な日本では、箪笥の中の着物の状態は、年と共にどんどん悪くなっていきます。

「基本は桐箪笥に入れて保管、月に1度は日陰で風通し」という正しい保管方法を実践できている人が、どれくらいいることでしょうか? 

今はまだシミも汚れもないような振袖も、たとえばあと10年経ったときには、もうボロボロで着られなくなるかもしれません。

だから着物は、思い立った今、まさに売ってしまうべきなのです。

ほとんどの買取業者は、宅配買取にも対応しています。段ボールも用意してくれるし送料も無料という業者も少なくありません。有名な作家物には、「**万円」という価値が付くこともあります。断捨離の一環として、一度箪笥の中を確認してみてはいかがでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね!してね