生命保険は大事です。

ただし、長期に渡って、本当に要るのか要らないのかわからないものを延々と払い続けるのを、なんとなく「バカらしい」と考えてしまう向きもあるでしょう。節約できるものならば節約して、もっと別の有益なことにお金を遣いたいものです。

生命保険への支出は生涯でいくら?

通常、生命保険は20年~30年と、非常に長い間払っていくことになります。

家族合わせて総額が1000万円を超えることも珍しくありません。一般庶民にとって、 マイホームの次に高い買い物 が生命保険とも言われているのです。

以前の行われた生命保険文化センターの調査では、1世帯あたりの生命保険料の平均額は、年間45万4千円になるとか…。

これを30年払い続けるとどうでしょうか? なんと、1362万円という高額になってしまいます。

生命保険は決して「老後資金」になるわけではありません。現実的に長く生きていくことを考えると、なるべく不要な要素は切って生命保険に入り、蓄えを作りたいものです。

迷ったときは保険のプロである「ファイナンシャルプランナー」へ

最初から丸投げするようですが、生命保険のことは保険を専門にしているファイナンシャルプランナーに相談するのが一番です。

現在、商品として出回っている生命保険は実にたくさんの数があります。複数の業者で見積もりを取ったり、誰かからの紹介で加入したりと、そういう基礎的な部分は確かに大事でしょう。

しかし、ネットに落ちている「情報」を集めまくっていると、結局のところどういった保険が自分に合っているのかわからなくなります。また生命保険のような、個人の希望によって保険料に大きな差が出る商品には、「相場」と言えるようなものもありません。プランナーと直接話して、「自分の場合の額」を知るのが一番手っ取り早いのです。

「でも保険会社の人は、自分の都合のいいことばかり言うでしょ?」

そんなことを疑う人もいるでしょう。それも、一理あります。

ただそれは、保険会社の営業マンに限った話です。あくまで中立の立場で保険商品について語る「ファイナンシャルプランナー」は信頼できます。

というのも、ファイナンシャルプランナーは多くの場合保険会社と癒着がなく、「どこそこの会社に契約させたら手当が出る」という歩合制でもありません。無料相談で、実際に保険料が半額以下になったという例もしばしばあります。

結論を言うと、「ファイナンシャルプランナーに相談するのが、もっとも大きな保険料節約である」ということになります。

ただ、当然それだけで満足してはなりません。本物の節約家とは、基礎的な情報はプロから仕入れて、細部は自分で判断して節約するのです。

保険料節約ポイントをきっちり詰めよう

この項では、まずザッと、料金全体から節約できるポイントを見ていきましょう。

保障内容

これが最大のポイントです。不要な特約などをつけて、額が膨れていませんか?

保障期間

短くすれば当然、保険料も割安になります。

解約返戻金

解約したときに戻ってくるお金は要チェックです。掛け捨てにならないよう!

支払方法

おすすめは「まとめ払い」です。一括、あるいは年払いにすると、月々支払いにするよりも保険料が安くなります。保険料総支払額を減らしたいなら、まとめ払いがベストです。

超重要 「割引制度」も確認!

契約する個人の健康状態によって、保険料が割引されるサービスもあります。何も知らずに見た目の価格だけで飛び付かずに、実際に健康状態も加味して試算してもらいましょう。

健康体割引

別名「優良体割引」など、いくつかの呼び方がありますが内容は大体一緒です。死亡保険に関係する割引。「非喫煙健康体」であると、最大で半額以上の割引もあり得るのです。

ゴールド免許割引

安全運転の優良ドライバーは、こんなところでも優遇されます。「事故を起こさないならうちから保険を出すリスクも少ないだろう」ということで、3%~10%の割引が適用されます。

最近の主流は「ネット生保」

既存の大手資本企業が提供するサービスは、それは信頼感があるでしょう。

しかし内容だけで見るなら、ネット保険も侮ってはいけません。最近はむしろ、安く契約できて充実の保障が受けられるネット生保が主流になってきている印象です。なぜネット生保が安いのか? それは、店舗維持費がかからないという強みがあるからです。

生命保険も、ネットでショッピングする時代になっているのかも…。それとはまた少し話が違いますが、大体の保険会社はネットからの申込みによる割引制度も設けていますよ。

いろいろと見てきましたが、いかがでしょうか?

これを機に、生命保険加入を考える方が少しでも増えればうれしいものです。

ただし、 過度な節約は良いことばかりではありません 。確かに支払いは楽になるかもしれません。しかし、「もしも」のときに、節約のために内容を切り詰めた保険が、まるで役立たないことだってあるのです。結果的に「損」と転ぶ可能性も、大いにあります。

もちろん先のことは誰にもわからないので、最終的には「運」の要素も絡んでくるでしょう。

慎重に、ある程度は自分の「勘」も頼りに、正確な情報を得て生命保険を選んでください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね