メルカリは利用者数が非常に多く、その中には未成年者も居る事からトラブルが発生してしまう事が多々あります。

ただ、メルカリの運営はトラブルに関して迅速に対応してくれますので、もしトラブルが発生したら即座に問い合わせをする様に心がけておけば大体のトラブルは解決する事ができます。

トラブルによって損をして泣き寝入りする前に、迅速に対処できる知識を身に着けて万が一のトラブルに備えておきましょう!

今回は出品者側によくあるよくあるトラブルの事例と、トラブルごとの対処方法についてまとめてみました。

出品者側のよくあるトラブル

出品者側がトラブルに巻き込まれると、損をしたり返品されて余計に手間がかかったりしますので、できるだけトラブルは迅速に対処したいところです。

まずは出品者側によくあるトラブルと対処方法について見ていきましょう。

購入者が受取り評価をしてくれない

出品者側にあるトラブルでダントツに多いのが購入者が受取り評価をしてくれないトラブルです。

メルカリでは、出品者・購入者の両者が評価をした時点で入金されるシステムになっているので、評価してくれないと売る側からすればとても困りますよね。

初めてメルカリを利用される方や評価システムを把握していない方に評価し忘れが多いので、評価がこない場合は購入者に評価を求めるメッセージを送りましょう。

中には、商品の状態を十分に伝えれる商品説明をしていたにも関わらず、思ったより商品の質が悪かったという理由で受取り評価をしないユーザーも居ます。

不当な理由で評価をされない場合には、メルカリの運営に問い合わせをすれば入金手続きを完了してくれるので、トラブルになりそうな時はメルカリの運営に受取評価依頼をお願いしましょう。

受取り評価をしてくれない場合の対処方法

受取評価の期限日ギリギリになっても評価が来ない場合は購入者に評価を求めるメッセージを送りましょう。

メッセージを送る場合には相手に敬意を表す必要があります。評価を求めるだけの不躾なメッセージを送ってしまうと、いざ評価された時に悪評価を受ける可能性がありますので要注意です。

▶評価を求めるメッセージ一例

  • 良い例:『先日はご購入いただきありがとうございました。商品は無事お手元に届きましたでしょうか?』
  • 悪い例:『評価が無いので困っています。評価して下さい。』

もし一度メッセージを送っても評価されない場合には、再度言葉を変えてメッセージを送ってみると良いでしょう。

『評価して下さい』というメッセージは3度程メッセージを送っても評価が無い場合に使いましょう。

▶メルカリの運営に受取評価依頼を出す方法

発送通知をしてから8日間、受取評価もメッセージも無い場合には下記の画面が表示されます。また、なんらかの理由で評価ができない旨のメッセージが購入者から届いた場合、最後のメッセージから3日後に下記の画面が表示されます。

購入者の音沙汰が無い場合にはメルカリ運営に評価依頼をお願いしましょう。

購入した商品をキャンセルしたいと言われた

メルカリの規約では基本的にキャンセルは不可能となっていますが、一定の条件を満たせばキャンセルする事は可能です。メルカリの「よくある質問と答え」の取引キャンセルに関する欄の所にキャンセル出来る条件が記載されています。

引用:メルカリ『よくある質問と答え』

一定期間代金の支払いが無い場合・期日を過ぎても発送されない場合は、キャンセルの手続きを行う事ができます。

キャンセルの手続方法

購入手続きから3日以上支払いが無い場合は出品者側がキャンセル手続きをする事ができます。逆に、支払手続きから3日過ぎても発送できない場合は購入者がキャンセル手続きを行う事が可能です。

 

支払いが行われていない状態で購入者がキャンセルの申し出をしてきた場合は簡単にキャンセルの手続きを進める事ができますが、問題は代金の支払いが完了した状態でキャンセルしたいと言われた場合です。

支払いが完了した後は基本的にキャンセルする事はできませんので、キャンセル手続きを行うにはメルカリ事務局に問い合わせる必要があります。

支払後にキャンセルされた時の対処方法

支払後にキャンセルされた場合はお互いの合意できればメルカリの運営に問い合わせをしてキャンセル手続きを行います。

もし出品した商品が海賊版のDVDだったり偽物のブランド物だったりと、商品に問題があれば合意無しで購入者側がキャンセルを行う事ができますが、商品に問題が無いのに支払い完了後または発送後にキャンセルをお願いされた時は購入者は合意なしでキャンセルする事はできません。

お互いの合意があるのであれば次の方法でキャンセル手続きを行いましょう。

キャンセルの手続き手順

【お問い合わせ】⇒【お問い合わせの項目を選ぶ】⇒【トラブルがあった】⇒【出品者側】⇒【お問い合わせをする】⇒【問い合わせページ】

最後の問い合わせページでは、商品IDを記入し、出品者を選択して内容欄にキャンセル商品名・購入者のニックネーム・両者合意があった事等を細かく記入して送信しましょう。

内容の例文:

お世話になっております。メルカリを利用させていただいております、田中 太郎でございます。
昨日、購入者様が支払いを完了した商品のキャンセルを希望され、それに承諾しましたのでキャンセルをお願いしたいと思い問い合わせをさせていただきました。
お手数ですが取引のキャンセルをお願いいたします。

専用出品(取り置き)のトラブル

専用出品はいわゆる取り置き出品の事です。

普通に出品した商品のコメント欄に、「後で買うので専用出品して下さい!」というコメントが来る事がたまにありますが、専用出品をしても約束した購入者がなかなか現れず時間の無駄が発生してしまうトラブルがしばしばあります。

メルカリでは基本的に専用出品は規約違反となっていますが、あまりに専用出品をするユーザーが多い事から暗黙の了解と化しています。

専用出品トラブルの対処方法

専用出品は出品者にとってメリットは一切ありませんので、基本的には専用出品は控えた方が良いでしょう。

メルカリでは規約違反となっているので、専用出品した物を別の人に購入されても文句を言う事はできません。トラブルを未然に防ぐためにも専用出品はできるだけ避けましょう。

出品する商品やプロフィールに「専用出品は出来ません」と明記しておけば、コメントのやり取り時に対処しやすくなります。

どうしようもないトラブルはメルカリ運営に問い合わせよう

メルカリは敷居の低さから様々なユーザーがいますので、運が悪ければトラブルに巻き込まれてもおかしくありません。

基本的にトラブルは当人同士のメッセージで解決させていくのですが、システム上メッセージだけでは解決できない場合や、メッセージをしてもどうしようも無い場合にはメルカリの運営に問い合わせて解決してもらうのが一番です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね