もう着なくなった服、まったくの無価値になってしまう前に売ってしまいましょう。とりわけ服には「トレンド」があります。早く売ってしまうのに越したことはないのです!

では、古着を高く売るためには、「どこで」「どんな風」に売ればいいのでしょうか?

方法は「オークション」か「古着買取店」

結論からいえば、古着がもっとも高く売れるのは、オークションです。

ただしこれは、ある程度世間的に知られたブランド衣類である場合に限ります。ノーブランドで、デザイン的にもパッとしない、そして着たときの雰囲気もよくわからないような古着は、アクセス数もまったく稼げず、いつまで経っても落札されることはありません。

ただしオークションで古着を売るときには、最大のデメリットとして「手間がかかる」という点があります。

「写真撮影→出品→落札後梱包→入金確認→発送」…いかがでしょうか? ざっとその手順を見るだけでも無精な人には「無理無理!」となるのでは?

ではそんな面倒くさがりの人はどうすればいいか

古着買取店を利用しましょう。これならばお店に服を持って行って、査定してもらい、あとは名前や連絡先なんかを書いてお金を貰うだけです。オークションと比べて、圧倒的にシンプルに古着をお金に換えることができます。

ただし、買取店を利用することにもデメリットがないわけではありません。

それは、何より1つ1つの買取額が安くなってしまうということです。たとえばオークションでは5000円相当の商品が、買取店では1000円程度という例も珍しくありません。

そして買取店においては、その衣服の「価値」を正確に見てもらえないという可能性もあります。たとえばAというブランド名とそのファッション業界での知名度を知っている店と、そうでない店では、まるで査定額が変わってきます

一応、ブランド古着はカインドールを中心とした専門買取店という受け皿があり、そうでないショップはリサイクルショップで、という棲み分けもあるので、その辺はよく理解しなければ損をしてしまいます。

ここまでの「まとめ」

オークションで売るメリットは?

落札額が高くなりやすい
自分の設定した値段で売れる(損をすることがない)

オークションで売るデメリットは?

取引終了まで結構な手間がかかる
クレームがあれば対応の必要もあり

古着買取店で売るメリットは?

持ち込んで査定してもらうだけで手間いらず
ポイントカードなどで特典も受けられる

古着買取店で売るデメリットは?

買取額が低くなりやすい
ブランドの価値を分かっていないお店では不当に低い値段をつけられることも

では次に、それぞれの方法でより高く売るためのコツを考えていきましょう。

高価な売却のためにできること

オークションで高く売るためには?

何よりも「写真」の質です。見た目が9割といってもいいでしょう。

説明文については最低限の情報をさらっと書いておくだけでOKです。もし自信がない方は出品代行業者を利用するという手もありますが、手数料を引かれた額で「得」になるかは微妙なところです。

終了日時は休前日の22時~23時に設定するなど、他にもいくつかのポイントがあります。

別にページを設けてその辺りのことは詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

「ヤフオクの落札額を30%UPさせる4つの心得」

古着買取店で高く売るためには?

買取店で古着を売るときには、次の4つのポイントを押さえれば買取額もUPします。

季節を先取りしよう

たとえば春物は、なるべく冬に売る、などなど。お店が次のシーズンに向けて在庫しておきたいと思える品を、絶妙なタイミングで持っていくことが重要です。

売るお店の「系統」を考える

海外インポートブランド、ドメスティックブランドを扱うお店には、そういった古着を持ち込めば当然高価買取になります。

一見「古っ!」という型遅れの古着も、ビンテージ品を取り扱うお店では「お宝」かもしれません。自分が売りたいと思っている古着は、お店の「系統」か――そんなところを考えて売る店を変えるだけでも、買取額は変わります。

クリーニングタグはつけたままで

以前クリーニングしてそのまま着ていない商品を売る場合には、クリーニングタグはつけたままで売ってしまいましょう。「クリーニング済み」という証になり心証がUPします。

最低限のケアで高価買取を

しわくちゃの服、犬猫の毛だらけの服、あなたが買取業者なら、「売って欲しい!」と思うでしょうか?

そんなはずはないですよね。自分でなんとかできるポイントはケアしてお店に持っていきましょう。当然「クサい」のもダメです。売却前には必ずお洗濯を!

二束三文の古着はフリマで売ろう

リサイクルショップに持って行っても10円20円の額しかつかない古着は、まとめてフリマで売った方がいいかもしれません。

確かにフリマに出す手間と時間的な事情を考えればあまり「得」にはならないかもしれませんが、二束三文の値段に納得できない場合にはそれもアリでしょう。

また逆に、フリマを仕入れの場として考えて、いい品を探してみるのもGOOD! 目利きができれば、古着の転売で一稼ぎするのも難しくはありません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね