海外旅行を楽しんでいて、気づいたら現金がほとんどなくなってしまっている、という経験のある方もいらっしゃると思います。

クレジットカードがあればとりあえず安心だという場合もありますが、海外に長期間滞在するような場合には、やはりある程度現金がなければ心細いものです

海外旅行でお金が足りなくなった時の心強い味方は、やはりクレジットカードのキャッシングでしょう。

クレジットカードは持っているあなたの信用を担保としているものなので、もちろん新たに担保や保証人は不要でキャッシングを行うことが出来ます。とはいえ、海外でキャッシングが通常通り行えるか不安な方も多いはず。日本で作ったクレジットカードで、果たして海外で現金を借りることが出来るのか。

今回は海外でのキャッシングについて詳しく見ていきたいと思います。

海外でキャッシングができる日本のクレジットカードは?

結論から言って、日本で作ったクレジットカードであっても、ほとんどのカードは海外でのキャッシングにも対応しています

国際ブランドとしても名高いJCBや、ジャックスカードオリコカードセゾンカード、更にはイオンカードや楽天カードでも、海外のATMからお金を借りることは可能になっているのです。

ただ、アメリカンエキスプレスカードなど、一部のカード会社は海外でのキャッシングに対応しておりませんので、出国前には一応確認しておいた方が良いでしょう。

海外のATMはどうやって使えばよい?

海外でキャッシングできることが分かったとしても、海外でのATMの使い方が分からなければ話になりません。海外のATMはもちろん日本のATMとは勝手が違いますから、簡単に使い方などを見ていくことにしましょう。

まず、すべての海外のATMが日本のクレジットカードでのキャッシングに対応しているわけではありません。

日本のクレジットカードでのキャッシングに対応しているか否かは、ATMに国際ブランドのマーク(VISA、Master、JCB、Dinnersなど)が書いている、あるいは青いロゴで「Cirrus」というマークがあるかどうかという部分で識別できます。

基本的にアジアやアメリカ、ヨーロッパの主要な大都市にはこういったマークのついているATMが数多く置いてありますが、地方都市などのあまり観光地としてメジャーではない都市、規模の小さい都市にはこういったATMはないものと考えておいた方が良いでしょう。

これらのマークがついているATMであっても、日本語に対応しているものはごくわずかとなっており、ほとんどのATMの操作案内は基本的に英語となっています。

ですから、実際にATMと向き合うとかなり戸惑ってしまうと思いますが、基本的な単語を押さえておけば海外のATMでも現金を引き出すことは難しいことではありません。

英語で「引き出す」に当たる単語は「Withdrawal」もしくは「Cash ㏌ Advance」と表記されるのが一般的です。ATMにカードを挿入すると画面にこのような単語が表示されるので、まずはそれに従って画面にタッチしましょう。

その後、クレジットカードでの取引を選択する画面が現れますので、そのボタンをタッチし、キャッシング枠に応じた金額を引き出します。

ほとんど英語力は必要ありませんし、日本でのATM操作と感覚的には大差ありませんから、ほとんどの方にとっては問題ないと思います。どうしても困った場合には係りの人を呼べば、時間はかかると思いますが確実にキャッシングをすることが出来るでしょう。

出国前には、キャッシング枠の確認および設置を

現地でいざお金を使い切ってしまってから慌てないためにも、日本にいる間にキャッシングに関してしておくべきことがあります。それがキャッシング枠の確認と設定です。

クレジットカードのキャッシング枠は、日本にいる間には使用することすら考えたこともないという方も多いと思いますから、どんな条件でキャッシングできるかということすら知らない方が大多数だと思います。クレジットカードのキャッシング枠は、信用度合いに応じて個別に設定されているので、まずは自分のクレジットカードにいくら分のキャッシング枠が設定されているのかということを確認しておく必要があるでしょう。

また、キャッシングの金利についても会社によって微妙に異なってきますので、この点に関しても同時に確認しておきましょう。各社だいたい15%~20%の間で設定されているようですね。

それに、注意しておきたいのが、クレジットカードに国内向けのキャッシング枠は設定されていても海外向けのキャッシング枠は設定されていないことがあるということです。

いくら国内向けのキャッシング枠がきちんと設定されていたとしても、海外向けのキャッシング枠がなければ海外でお金を借りることは当然できません。問い合わせる際には、必ず海外向けのキャッシング枠が設定されているか」ということを確認しておきましょう。

もし海外向けのキャッシング枠が設定されていなくても、国内向けのキャッシング枠に十分に余裕があり、クレジットカード料金の未払い等がなければ、問い合わせた際に申請するだけで設置してくれます。

ただし、場合によっては収入証明書の提出などを求められることがあり、設定までに2~3週間程度かかってしまうことがありますので、海外旅行の予定が分かっているならば早めに確認しておいた方が良いでしょう。

海外でのキャッシングの返済方法は?

海外でのキャッシングの返済方法は、ほとんどの場合が一括払いのみしか設定されていません。

海外旅行から帰って来て、翌月のクレジットカードの請求金額が莫大なものになっていても驚かないように、この点については頭に入れておくようにしましょう。

ただし、カード会社によってはリボ払いでの返済を認めているところもあります。もしも高額なキャッシングをしてしまい、翌月の一括返済が難しい場合は、リボ払いでの返済が可能なのかどうか確かめておくと良いでしょう。

海外で現金が残り少なくなってしまうのは、たとえクレジットカードを持っていてもやはり心細いものです。

そんな緊急時には、クレジットカードのキャッシング枠が急場を救ってくれますので、基本的な知識を頭に入れて海外へ出発するようにしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね