カードローンはいざという時に非常に助かるものとなりますが、全ての人が利用出来る訳ではありません。審査に通らなければ、利用したくてもできないのです。

ネットなどを見てカードローンを探していると、誰でも審査に通りそうなイメージがありますが実際には審査落ちしている人もかなりいます

審査の基準はカードローンを取り扱う会社により違いはありますが、基本的にはほぼ統一的な内容が多く、通らない人はどこに申し込んでも通らないという事も、ごく普通に起こり得ることです。審査に通らない理由は、個人により違いますが、原因として多いものを3つ、ご紹介します。

せっかちな性格や面倒くさがりな性格

カードローンを利用したい、という気持ちはあるけど面倒な事は嫌い、または、せっかちで注意力が散漫になりミスが多い人。

こういった性格の人は気をつけてください。

どこのカードローンに申し込んでも必ず審査はあるのが当然で、審査に対しては色々な書類への記入、または最近ではネット申込みで多くの必要事項を入力しないといけません。

自分の個人情報から勤務先の事、何年に入社したかなどあらゆる情報を入力しないといけませんが、これが面倒だと思い適当に入力したり空白が多かったりしたまま申込みをする人がいます。

このようなケースでは、ローン会社に与えるイメージは最悪で審査の為に正確な情報を教えて欲しいのに記入、
または入力違いが多いと審査の対象にもならない場合があります。また記入はしているけど会社名を面倒くさがって短くしてる、入社年月日は実際と異なってるなど調べればカードローン会社も分かります。

そうなると虚偽の記入となり、当然審査は通過出来ません。

また最近ではカードローン会社も、審査をスムーズに進める為に「スコアリングシステム」を導入している
ところが多くあります。カードローン利用申込み者が記入や入力した内容が、そのままシステムで採点されて自動的に審査を行うのです。

そんな中で入力項目に空白があったり、誤字脱字が多いと自動的に未入力と判断されるケースもあります。
面接を受ける時に書く履歴書と同じで、申込み書は丁寧に嘘なく書く事が必要です。

複数社から借入れしている(多重債務)

複数のカードローンやキャッシングなどがある状態、つまり多重債務者と判断されれば審査に通過する事は非常に困難になります。

一般的には借入が既に3件あれば、借入金額に限らず多重債務とみなされる傾向にあるので新たなカードローンの申し込みをしても審査を通過出来ないのです。

貸金業者が利用する個人信用情報機関は、申込みをした人の金融に関する情報を全て照会する事が出来るので、どのくらいの借入が何件あるのか、返済で遅延等をしていないか全てを把握出来ます。カードローンの申込みの際には他社からの借入れ状況を記入する様になっていますが、この項目に虚偽の内容があれば当然それでも審査には通りません。

借入件数が多い多重債務は、金額が少なくてもカードローン会社の審査では良い印象を与えない様になっていて、数件から借入しなければいけない状態をどう捉えるかという判断に至ります。

例えるとしたら1件目のA社で30万円の借入があり、それを限度額まで使うとすぐにB社からまた30万円の借入れをしている。そして同じようにしてC社からも借入れを行っている。

こうなるとカードローン会社側から見ると、1件も完済出来ずに次々と借入件数を増やしているので本当に返済するつもりがあるのか怪しいと見られます。またA社での返済実績があり信用があれば、A社で増額が出来るはずなのにそれが出来なかったとも判断されます。

つまり信用が低いので1社ずつから少しずつしか借りれが出来ない、と見られてそんな人にお金を貸すのは止めよう。と結果的になってしまいます。

もちろん総量規制という限度を超えているケースも、多重債務という前に審査に通過する事は出来ませんが借入件数が多い多重債務者は、お金を借りる事に関しては圧倒的に不利な状態と考えた方が良いでしょう。

過去に債務整理の経験がある

過去に返済しきれない程の借金が出来て、どうする事も出来ない状態を債務整理で片付けた。

いわゆる金融事故を起こした人は、俗に言われるブラックリストとなりしばらくはお金を借りる事は出来ません。
これも個人信用情報機関に照会すれば、その人が過去に金融事故を起こしていないかどうかはすぐに分かります。

この場合は何をどうしても審査に通過出来る事はないので、申込む時点から問題があります。

また債務整理の種類によっては審査に通るかも知れないといった様な、ネットでの嘘の情報を信じて申し込みをする人もいますが結果は変わりません。

自己破産だから任意整理だからといった考え方は間違いで、債務整理をすれば種類に関係なく結果としては同じ扱いになる事を認識する事が大事です。

申込もをする事は可能ですが審査を通る事は出来ませんし、違うカードローン会社であればもしかしたら通るかも知れないと数社に申し込みをすると、申込みブラックと呼ばれる状態になりそれだけでしばらくは審査さえもしてもらえない状態になるので注意が必要です。

債務整理後の新たな借り入れが出来る期間においても間違った情報が多く流れており、中には5年で借りれる、7年で借りれるなどといった根拠のない情報があります。

しかし正確には何年経てば借りられるといった様な基準はありません

もし5年で借りられた人がいたとしても、それはその時のタイミングやカードローン会社の判断になるので誰でも同じ結果になる訳ではないのです。

カードローンの審査に落ちる原因で多いとされる3つの原因を紹介しましたが、お金を貸す側の事を全て把握出来るものではありません。

この他にも審査に通らない原因はたくさんあると考えられますので、3つの原因はその中の数個だと考えて下さい。

カードローン選びなら 即日融資カードローン選び【お金ちゃんねる】

この記事が気に入ったら
いいね!してね