原則、日本では「未成年者はお金が借りることはできない」という風潮があります。消費者金融のキャッシングなどに申し込むことはできますが、おおよそは即、審査落ちです。

「未成年でも借りられます!」と謳っている業者もありますが、これは巧妙な宣伝文句というもので、実際に借りるときには「親権者の同意」が必要となります。

つまり、実質的に未成年者が一人でお金を借りるということは不可能なのです。

では、未成年者でも理由があって急にお金が必要になったときにはどうすればいいのでしょうか? 簡単ではありませんが、キャッシング以外にも方法はないではありません

なぜ未成年者はキャッシング利用不可なのか

そもそも、基本的に「来るもの拒まず」で、それどころか向こうから電話をかけて「お金は必要じゃないですか」と営業してくる金貸しが、なぜ未成年者にはお金を貸さないのでしょうか? これには、ある大きな理由が、1つあります。

「未成年者が交わした契約は、取り消しが可能

という法律があるからです。つまり、お金を借りた後からでも、「やっぱりこの契約は取りやめます」といえば、金融機関としては泣き寝入りするしかありません。もしその時点ですっかりと借入金を使い切っていたとしても、法律上、返還する必要はないのです。

そういう理由があり、大手業者でも未成年者は門前払いしていることが多いんですね。

しかし、当然例外はあります。

未成年者でもローン、キャッシングが利用できる可能性はあるのです。

未成年者でもお金が借りられる!? 3つの「例外」とは

未成年でも「既婚者」の場合

法律上、20歳未満であっても結婚している男女はおしなべて「成年」と見なされます。つまり既婚者ならば未成年ではないので、キャッシングを利用できる可能性があるのです。

安定した収入があれば、親権者の同意がなくとも、お金を借りることができます。

しかし前述のような「契約取り消し」は不可能です。未成年者保護からは外れるので、借りた以上は返す義務があります。また、多くの金融機関は既婚者であっても20歳未満はNGとしているので、実際にお金を借りるときには、あらかじめチェックすべき点でしょう。

「学生ローン」は未成年者でも可

学生専用の「学生ローン」親の同意があれば利用することができます。大手業者は軒並み取り扱いをやめたサービスですが、中小であれば、まだいくつか商品が残っています。

未成年の学生なら借りられるローンも!
未成年でも学生であれば借りられる学生ローンがあります。

未成年の学生がお金を借りる方法!18歳以上の学生ローン

クレジットカードの「キャッシング枠」で借入

消費者金融では「審査落ち」でも、クレジットカードのキャッシング枠が認められて、未成年でもお金を借りて利用しているという例は結構あります。カード会社によって基準は変わりますが、「安定した収入があれば可」「既婚者なら可」ということがほとんどです。

「親の同意は必須」なのか?

上の3つの例でもなく、「未成年者にも融資します!」という業者では、ほとんど100%親の同意を必要とします。

貸し倒れを防ぐために、「最悪は親に払わせる」という態度ですね。それなら親から借りる方がマシですが、事情があって身内には頼れない場合は、サインをしてもらう他ないでしょう。そうすれば相手も前向きに審査をしてくれるはずです。

「親には知られなくない…友人にサインさせてもバレないんじゃないの?」

そんな悪知恵を働かせる人も多いことでしょう。

滅多なことでは業者としても、「親と一緒に来店してください」などとは言いません。「知人に親の名前でサインさせる」という作戦が通用することもあります。しかし、業者によっては電話確認をすることもあるので基本的にはお勧めできません。

そして、何よりこれは、「私文書偽造」という罪になります。

バレてしまっても実際に訴えられて云々…という事態は想像しにくいですが、一発でブラックリスト入りとなってしまい、今後お金が借りにくくなるのは言うまでもありませんね。

また未成年であるにも関わらず、成年であると偽って契約した場合は、前述の未成年者保護は受けることができません。つまり、後から契約を取り消すことはできないのです。ただしもし、それが自分の意思でなく、業者が、「仕方ないから成人ということにしておきましょうか」と取り計らった場合は、後から契約の取り消しが可能ですので覚えておきましょう(そんなリスキーな行為をする金貸しも、ヤミ以外にほぼいないと思われますが…)。

まとめて言えば、「未成年者個人での借入は、ほとんど不可能」と言うことになります。

しかし限定的に、クレジットカードのキャッシング枠利用、という裏ワザはあります。ただそれも毎月アルバイトなどできちんと安定した収入がある場合にのみ、10万円程度の少額の利用枠で認められるという程度なので、まとまったお金が必要なときには別の方途を考える必要があるでしょう。

くれぐれも、成年と偽って巨額の借り入れを行い、後から返済できなくなって…という窮地に陥らないよう、未成年者の皆さんは注意してください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね