倹約意識も極まってくると、「待機電力」も節約したいと考えるようになるものです。まずはその概要、待機電力を多く使う家電を見て、それから節約術について解説しましょう。

「待機電力」とは何か?

コンセントに接続されている電気機器は、作動していないときも、大体は微弱な電力を消費しています。

これを「待機電力」と言います。電気代全体の6%を占めるとも言われますから、これを節約すれば、年間でかなり電気代を減らせるのは間違いがないでしょう。

一般的な家庭にあるもので待機電力が大きいものは、まず何よりビデオデッキやDVDレコーダーです。時計機能、録画機能が、スタンバイ状態でも結構な電力を食います。

その他エアコンや給湯器などに消費される待機電力も見逃せません。まめに節約したいものです。

マル分かり!待機電力節約術

では具体的にどのように待機電力を節約するのか、考えていきましょう。

テレビの電源は本体で切る

一般的にもこれはよく知られているかもしれませんが、テレビの電源は、リモコンで切ると赤いランプが灯ったままで、これはスムーズな起動のためのスタンバイ状態ということになり、そのままでは結構な待機電力を食っています。

必ず「主電源から切る」という方法を取りましょう。

厳密に言えば、主電源を切った状態でも微妙に待機電力はかかっていますが、さすがにコンセントから抜くという方法を取ると、面倒です。あまり神経質になりすぎるのも考え物ですよね。

これについては最後にも触れますが、過剰な節約意識はかえって、あなたの生活を豊かでなくしてしまいます。

ON/OFFスイッチ付きのタップで節約

いくつかのコンセントをまとめてタップに差す場合には、ON/OFFの切り替えができる個別スイッチ付のタイプを利用すると節約になります。

「これはあまり使わないな」という電子機器の電源は、スイッチでオフにしておきましょう。いちいちプラグを抜き差しする必要もありません。

とりわけタコ足配線になりがちなテレビ裏やパソコン周りには必須です。

使わない電池は抜き取る

たとえば春秋など、自然な温度でも快適に過ごせるシーズンには、エアコンのリモコンの電池は抜き取っておいても問題はありません。

缶電池も、使用しない状態で入れておくだけで微弱な電気を放電し続けるので、細かい話ですが抜き取っておけば節約になります。

滅多に使わない家電はコンセントにつながない

ある特定のシーズンや、場面でしか使わない家電がありますよね。

たとえば、加湿器や除湿機、布団乾燥機などなど。いちいちコンセントに差して使うのは面倒だから…という理由でずっとタップに挿しっぱなしにしている家庭も多いのではないでしょうか?

これぞまさしく無駄な待機電力です。使用頻度の少ない家電のコンセントは抜いておきましょう。節約の鬼たちは、給湯器のコンセントでさえ使用しない時間は抜いているとか!

それじゃ逆効果! 間違った「待機電力節約」のすべて

「無駄な電気代なんて、一銭たりとも払いたくない!」

――まったくその通りですね。お気持ちはよくわかります。

しかし、だからといって、待機電力を気にしすぎるあまり次のような過剰な節約的行動に出ると、むしろ「逆効果」になってしまうおそれもあるので気をつけてください。

そのテーブルタップ、本当に要る?

スイッチ付きのテーブルタップは、待機電力節約にはマストなお品です。

しかし、これって案外高価なんですよね…。特に差込口の数が増え、コードの長さが長くなると、それに比例して高くなります。その「購入費用」「節約した待機電力代」より大きくなることもあります。

必要十分なスペックで、なるべく安価なものを探して買いましょう。アレもコレも挿すから…と差込口がたくさんのタップを買っても、実際にはあまり役立たなかったりします。

無理なコンセントの抜き差しは面倒で危険

デッキ、レコーダーはとにかく待機電力が大きい、節約の敵です。

しかし、だからといっていちいちとコンセントを抜き差ししていると、やはり非常な手間になります。テレビの裏側に手を突っ込んで作業するのは面倒ですし、また、当然何度も抜き差ししているとコンセント自体が壊れることもあります。そうなれば修理代がかかり圧倒的な「損」に…。

待機電力は、何もすべてにおいて「無駄」というわけではありません。

各電子機器をスムーズに利用するために、必要なものでもあります。生活の利便性を損ないかねない過剰すぎる節電意識は、あるいは待機電力そのものよりも、あなたの敵になるかもしれません。

また、最近出回っている一般的な家電製品は、非常に優秀な省エネ性能を持ったものも増えてきています。昔とは違って、待機電力もそうかからなくなってきました。もしかすると将来的に、待機電力なんてまるで気にするほどでもない時代がくるかもしれません。

倹約意識を持つのはいいことですが、いきすぎた節約には気をつけたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね