トイレでも節約できるんです。

「毎日、何回かは絶対に使うものだから、節約なんてできないんじゃないの?」

そんな風に考える方もいるかもしれません。しかし、何も「トイレを我慢する」というわけではありません。毎日、複数回使うものだからこそ、その「水道代」「電気代」については節約の余地があります。

基本的なところから裏技的な部分までさらっていきましょう。

これで完璧! トイレの水道代節約3か条

「大」「小」の使いわけで2Lの節約に!?

あまりに基本的なことではありますが、念のため、確認しておきましょう。

みなさん、トイレの水洗レバーの「大」「小」は使い分けていますか? 参考までに、「大」では一度に8Lの水が、そして「小」では6Lの水が流れると言われています。「小」をしたのに「大」で流しているようでは、あまりに不経済です。

なんとコレ、日本人の約半数が、ちゃんと使い分けられていないとか。次のおトイレからは、充分に気を付けてくださいね。

たまにはタンクの中も覗いてみよう

トイレのタンク、開けて覗いてみたことはありますか?

あまり普段目にするものではありませんが、実はタンクの中にはボールタップと呼ばれる止水装置が入っています。これは当然、消耗品です。劣化が進むと、水を止める力がだんだんと弱くなってしまいます

使っていないとき、便器に水がちょろちょろと出ている状態なら、交換時期に差し掛かっています。当然ながら、放っておくと水道代がかなり無駄になってしまいますよ。

「ウォーターセーバー」で節水!

トイレの水の無駄遣いを防ぐためには、ペットボトルや石を入れるといいと、昔はそうも言われていました。しかしそれではタンクが傷ついたり、トイレが故障する恐れがあります。今は「ウォーターセーバー」という節水アイテムもあるのでそれを利用しましょう。

「ウォーターセーバー」を使えば、排水量が調節できます。トイレのレバーを引いている間だけ水が出て、戻すと止まるという仕組み。ドバーッと放水するのを避けられます。

なんとこれだけで一回当たり1.5円の節約になります。年間では8,640円もの節約に!

まだまだあるトイレの節約術

トイレットペーパーはシングルで

結構高いんですよね、トイレットペーパーって…。

利用する回数を減らすことは難しいので、せめてダブルのものでなく、シングルのものを使いましょう。

ちなみにトイレットペーパーは、14世紀中国で発明されました。当時は皇帝だけが使っていた高級品。昔の人は、藁や草を使ってお尻を拭いていたと言います…痛そうですね。

そんな過去があったことも考えれば、「ダブルじゃなきゃ嫌!」なんてのは贅沢な話です。

便座の蓋はきちんと閉めよう

冬場は便座ヒーターを利用している家庭も多いのではないでしょうか? 冷たい便座にお尻を据える一瞬は、ちょっと悲しくなったりします。温かい便座、うん、いいですよね。

しかし。便座ヒーターの電気代も侮れません。使うのはいいですが、なるべくその際には便器の蓋を閉めておきましょう。熱が逃げにくくなって、節約になりますよ。

ハイテクトイレの無用な機能はオフ!

現代的なトイレは、やたらとハイテクです。水を勝手に流すのは当たり前、前に立ったらウィーンと勝手に蓋が開くものもあります。自動洗浄機能で、トイレ掃除せずにキレイに保てる優れものも。――でも、それらのハイテク機能、本当に全部必要でしょうか?

「これくらいの機能はなくてもいい」というならば、オフにしておきましょう。電気代、水道代共に節約できます。トイレでまで過剰な「贅沢」をする必要はありませんよね。

トイレには本当に神様がいる!? 金運を上げるトイレ風水

歌にも唄われていますが、トイレには昔から本当に神様がいるという言い伝えがあります。

それが『鳥沙摩明王(うすさまみょうおう)』です。トイレから侵入してこようとする悪しき存在を炎を噴いて蹴散らしてくれるという、なんとも頼りがいのある神様。トイレをきれいにしておくと、この神様があなたを不運や不幸から守ってくれるかもしれませんよ。

また、トイレは「金運」とも深く関係していると言われますね。

風水的におすすめのカラーはイエローやラベンダー。足元のマットや便座カバー、スリッパやペーパーカバーなんかに色を取り入れてみてはいかがでしょうか? また、風水的にもトイレの蓋はきちんと閉めておいたほうが良いそうです。これは上で触れた節電の意味合いとも重なりますね。

ついでなので、その他のトイレの風水をいくつかご紹介しておきましょう。

便座の蓋だけじゃなく、トイレのドアも必ず締める
換気扇は常時回す
トイレの照明は明るめの方がいい
スリッパ、掃除道具は必ず一年に一回取り換える
掃除道具は目につきにくい場所に置く

などなど。風水的に云々~ということもそうですが、何よりトイレはきれいに使った方が気持ちがいいですよね。他人様をうちに上げるときにも、イメージが良くなります。

節約して無駄な出費を締めるだけでなく、トイレ風水で金運も呼び寄せてしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね