仕事がない状態でお金に困ったときには、どうすればいいのでしょうか?両親、友人に頭を下げても断られたときには、誰もが、「サラ金で借りてみるか」と考えるはずです。

しかし、残念ながら、消費者金融では無職・失業中の方にお金を貸してはくれません。でも、あきらめるには早い!ちょっとした工夫で、ある程度の借入は可能となります。

「絶対に」無職では借りられない!

原則として、賃金業者は、収入がある人にしか融資しません。

貸付は「収入の3分の1以内」という決まりがあり、収入がない人はそもそも対象として弾かれているのです。「仕事をしている人がお金に困ったときに、融資する」と、そういうわけですね。最初から回収できる見込みが少ない無職・失業中の人には、お金は貸してくれません。

「え? でもネットで検索したら『無職OK』の業者もあるけれど…」

絶対にそのような賃金業者と契約してはいけません。ほとんど確率でヤミ金です

「無職でも貸してくれる」と聞くと、とても親切で優良なイメージがしますが、その実態は悪徳な金融会社の場合がほとんど。高金利で貸し付けて、利用者を追い込むことしか考えていません。あなたの周りの人間まで巻き込んで、金をふんだくってくる、社会の敵なのです。

「無職でも可!」
「100%融資」
「無審査!」

そういう看板を見かけても、決して申し込んではならないと自分を戒めましょう。

何より、収入がない状態で無理に借入しても、結果は見えています。その点、「収入がない人にはお金を貸さない」という賃金業者は、厳しいようですが、非常にまっとうです。

しかし、これは逆に言えば収入さえあれば、誰でもお金を借りられる可能性はアリ」です。そこを考えれば、無職・失業中の方も何をすればいいのか、わかってきますよね。

適当な職に就いてから審査に申し込む

無職・失業中の方は、まず「借りる」ということよりも、「収入を得る」という風に考えてください。その上で、足りない分は消費者金融に申し込むなどして借りればいいのです。

何も正規雇用である必要はありません。今はどこの賃金業者も柔軟で、アルバイトでも安定した収入さえあれば、それに準じた融資をしてくれます。たとえば年収90万円であっても、30万円程度までなら総量規制の範囲内で貸してくれるのです

無職で貸してくれる業者はまずありませんが、アルバイトをしているなら、審査の土俵には上げてもらえます

実際、無職でも審査を受けること自体は可能です。しかし、当たり前のことながら融資はしてもらえません。100%ないと断言できます。焦って何度も申し込むと「申込みブラック」として、一定期間は門前払いを食らうことになります。もし「融資できます」と言われてもそれは悪徳業者なので、甘言に踊らされないよう、注意してください。

キャッシングの条件は「安定した収入」があることです。

アルバイトでもなんでも、収入源を証明できれば融資を受け、窮状を切りぬけることも可能です。無職の方は、どのような形態・業種でもいいので、職に就くための努力を行いましょう。半年ほど働いて、その明細を見せれば、金融機関としても「安定収入あり」と見なしてくれるはずです。

「失業保険」は収入にはならない?

「自分は現在無職だけど失業保険を貰っている。これを『収入』として見てもらって、お金を借りることはできない?」

残念ながら、失業保険は「収入」とは見なされません

金融機関は、失業保険受給者について「生活のために必要最低限のお金を貰っているだけだから、この人には返す能力なんてないはず」という考え方をします。

ただ、失業保険だけでは審査に通してもらえませんが、もし失業保険を貰いながらアルバイトをしている場合は、補助的な収入として認識され、融資額をアップさせることも可能かもしれません

どうしても働けない事情がある場合は「生活保護」を

急な病気や身体的な事情により、どうしても働けない場合には、恥じることはないので「生活保護」を申請してください。最近は、権利のない人が不正受給していることでたいへんイメージが悪くなっているこの制度ですが、本来は優れた救済制度です

生活保護を受けて一定期間をしのぎ、後から生活再建する人はたくさんいます。

家族に連絡がいったり、保険証が変わったりするのは少し困るかもしれませんが、致し方ないことです。背に腹は代えられません。

近年は「ベーシックインカム」の導入も検討されていることから、そう遠くない将来、この制度は廃止されるかもしれませんが、今のところは、これが「最後の手段」として遺されています。

生活が立て直せるまでは、国の厄介になってもいいでしょう。一部はあなたが払ってきた税金から出るわけですから、むざむざホームレスになることはありません。

まとめ

無職でも借りられる金融機関はなし!あったとしてもそれは悪徳業者なので利用厳禁
融資を受けるためには、アルバイトでも何でも職に就いて安定した収入を得る
最終手段として「生活保護」を検討するのもアリ。

その他の方法としてはこういったものもあります。

 

無職でもお金を借りる方法は他にはないのでしょうか?こちらの記事も参考にどうぞ!無職・失業中でもお金を借りる方法!カードローンの審査に通るには?

この記事が気に入ったら
いいね!してね