ブラックリストという言葉をよく聞きますが、金融業界において、実際にこのようなリストが存在するわけではありません。

金融事故を起こして個人信用情報に事故情報(ブラック情報)が載っている人のことを、俗にブラックリストに載っていると言います。

金融事故となるのは、3ヶ月以上の長期延滞をした場合、代位弁済をされた場合、自己破産などの債務整理をした場合などです。ブラックリストに載る期間は、どんな金融事故を起こしたのかによって異なりますが、だいたい5年~10年間です。

ただし、延滞が原因でブラックリストに載った場合には、借金を完済してからおよそ5年が経たないと事故情報が消えません。

借金を完済できずにいると、ずっとブラックリストに載り続けるので注意しましょう。完済の目処が立たない場合には債務整理をしてしまったほうがメリットがあるかもしれません。

一定の期間さえ過ぎれば、ブラックリストは解除され、金融機関の審査への影響は基本的にはなくなります。

金融機関の審査に通らなくなる

ブラックリストに載ることがなぜ怖いと言われているのでしょうか?

それは、ブラックリストに載ってしまうと、あらゆる金融機関の審査に通らなくなるからです。キャッシングだけでなく、クレジットカードやカードローン、それに住宅ローンといった「お金を借りる」ものすべてです。

クレジットカードに関しては、それほど不便ではないかもしれません。最近では、デビットカードやプリペイドカードのような代用品も登場していますし、買い物に関しても、電化製品などを分割払いで購入できなくなる以外は特に不便さは感じないかもしれません。

しかし、ローンを組めないというのはかなり不便です。

例えば、もし地方に住んでいるなら、自動車は生活に必要不可欠になってきます。そこで、ブラックリストに載っているが故に自動車ローンが組めないとなると、自動車を一括払いで購入するしかなくなります。

そうなると、選択肢としては一括で支払える程度の安い中古車しか購入することができません。

また、若い人であれば、結婚後、マイホームを購入するための住宅ローンが組めなくなるということで、結婚自体をためらってしまうなんてことも考えられます。

法律で決まりがあるわけではない?

「ブラックリストに載ったら金融機関の審査に通らなくなる」と言われていますが、実は法律でそう決められているわけではありません。ですので、極論を言えば、ブラックリストに載っていても金融機関がOKを出せば、お金を借りれることになります。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。

実際には、ブラックリストに載っている人にお金を貸すような金融機関はないと言ってもいいでしょう。ただ、闇金のような違法業者であれば、お金を借りることができるかもしれません。

しかし、そんなところから借りると年100%を超えるような金利になるでしょうし、万が一、滞納なんてしてしまった日には、自分だけでなく家族や職場にまで嫌がらせをしてくるなど、手段を選ばずお金を回収しにきます

闇金のような違法業者は、雨後の筍のように出てくるので、警察も手を焼いているのが現状です。絶対に手を出さないようにしましょう。

となると、正規の金融機関では絶対にお金が借りることはできないのでしょうか?

ブラックリストでも少額ならばお金が借りれる金融業者はある?

実は、正規の金融機関でも借りれるところはあります。

それは、中小規模の消費者金融です。中小規模の消費者金融は、大手で審査に通らなかった人もターゲットにしていますので、過去に債務整理をした人でも状況によっては審査に通る可能性があります。

中小規模の消費者金融が借りやすい理由の1つが、10万円未満の少額融資にも対応していることです。

大手に申し込めば、最低でも限度額10万円のカードローンが発行されることになります。そのため、10万円を借りるだけの信用がない人は審査に落とされます。しかし中小では3万円~8万円程度の少額の融資を受けることもできるので、大手で審査に通らない人でも可能性があるのです。

もちろん、中小消費者金融であっても返済能力がない人にはお金を貸しませんから、「安定した収入がある」「他社から借り入れをしていない」といった条件を満たしていないと厳しいでしょう。

実は、大手の消費者金融でもブラックリストに載ってから3、4年が経過していて現在はその状況が改善されており、安定した収入があるなら限度額10万円程度なら借りられる可能性があります。

最後に、ブラックリストに載ってしまった人は、一度大きなミスを犯してしまっている人ですから、個人信用情報から情報が消えてホワイトな状態に戻るまではなるべく借金をせずにおとなしくしているのが理想的です。

借りるとしても必要最低限の金額だけを借りて、できるだけ早めの完済を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね