「お金を借りたいけど審査に通らない・・・」、「審査で家族バレするのが不安」、「在籍確認で会社に電話されたくない!」。カードローンには審査がありますので、このような不安を抱えている方が大勢います。

 そこでこのように考える方も中にはいるでしょう。「審査なしで利用できる業者はないか?」と。果てしてそのようなカード会社はあるのでしょうか?今回はそんな審査なしのカードローンはあるかというテーマを解説していきます。

審査なしで利用OK!そんなカードローンってあるの?

結論から言いますとありません。カードローンは、あなたの返済能力と信用をもとに融資する商品です。返済能力と信用は審査をしないと分かりませんので、審査なしはで融資してくれることはあり得ません

それに審査をしないといくらでも嘘が通用してしまいます。そうなると、返済能力のない人や、貸し倒れの危険が高い人に融資してしまう危険が高くなります。カードローン会社は金利で儲けていますので、返済してもらえないと利益がでません。こうしたことから、審査なしで借入れできるカードローンはありません。

実際に大手と中小の消費者金融へ確認してみても「審査はあります」といった回答でした。

アコム 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ可
プロミス 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ可
アイフル 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ可
フクホー 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日は受付のみで融資は不可
アルク 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土曜は14時までなら融資可 日曜は不可
キャネット 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可
ハローハッピー 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可
フタバ 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可
ライフティ 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可
レイクALSA 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可
SMBCモビット 審査は必ず行なう(信用情報機関への照会あり)
土日の借入れ不可

各社へ問い合わせた結果、すべて審査ありということになっています。また中小消費者金融は土日の融資ができなくなっていますので、その点についてもご注意ください。 

【注意!】審査がなしと謳っている業者は100%違法業者

審査なしと謳っている業者は100%違法業者と思って間違いありません。そもそも「審査なし」と謳うのは誇大広告です。カードローンに限らず、事実に反する広告を出すことは、禁止されています。 

審査なしで融資などありえないのですから、こうした広告は誇大広告になります。正規の業者なら、「審査なしで融資!」なんて口が裂けても言いません。よって、審査なしと謳っている業者は100%違法業者です。 

違法業者を利用してしまうと、法外な金利を設定されたり、詐欺に合ったり、個人情報が漏れるなど、非常に危険です。もし、「審査なし」と謳っている業者があっても絶対に利用してはいけません。 

審査に通らないという人、必読!審査落ちする危険が高いのはこんな人

審査の基準は各社によって違います。ただし、大まかな部分は共通していますので「こんな人は審査に通りにくい」というのは分ります。そこで審査落ちする可能性が高いのは、どのような人なのかを解説します。 

安定した収入がない

カードローンの審査で、もっとも重要なのが安定した収入があることです。その証拠にどの業者の申込基準にも「安定した収入がある方」とあります。 

安定した収入というのは「将来も継続して得られる収入のこと」です。年収の高さよりも収入の継続性が求められるのです。そのため、収入の安定している公務員やサラリーマンのような職業ほど、審査に通過しやすくなります。 

逆に審査に通りにくいのは投資やギャンブルなどで生計を立てている人です。これらは安定とは正反対です。いくら収入が高かかったとしても、月々の収入が確約されていないので、安定収入と見てもらえない可能性があります。なので審査上かなり不利になります。 

学生にお勧めのクレジットカード「エポスカード」の審査通過のコツとは?

信用情報に事故情報がある

信用情報に事故情報があるとほぼ審査には通りません。カードやローンを利用すると、信用情報機関にその情報が記録されます。これを信用情報と呼びます。 

長期延滞や債務整理、強制解約などを起こした場合、信用情報に事故情報として一定期間規則されます。例えば、長期延滞なら延滞解消から最大5年間はその情報が消えません。事故情報は巷で言われる「ブラックリスト」ですので、事故情報が記録されている間は、審査に通るのが絶望的です。 

総量規制の上限まで借入れしている

貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)には「総量規制」があります。よって、年収の1/3までしか借り入れできません。貸金業者で年収の1/3まで借入れしていると、貸金業者ではそれ以上の借入れは100%不可能です。 

他社借入れ額&件数が多い

他社借入れ額&件数が多いと、「多重債務者」と判断される可能性が高くなります。カード会社は、あなたの返済能力をもとに融資します。多重債務者は借金を借金で返済している可能性が高くなりますので、返済能力ゼロと判断される危険が大きくなるのです。

他社借入があっても借りられる!他社借入はバレる?何件までOK

審査に通りたいなら難易度を下げろ!「どうすれば?」答えはココにある

先ほどからお伝えしているように、審査なしのカードローンは存在しません。ただ、カードの選び方を工夫することで審査の難易度を下げることは可能です。 

カードローンの審査は低金利なほど厳しくなります。金利は消費者金融系よりも、銀行系のほうが低い傾向にあります。そのため、消費者金融系のほうが銀行系よりも審査のハードルが低いです。このように審査のハードルを下げることで、借入れできる可能性が高くなります。 

実は多くの人が知らない各社の審査通過率。一番高いのは?

カードローン会社の中には「審査通過率」を公開しているところもあります。審査通過率とは、申込んだ人の中でどれだけの人が審査に通過したかを表す値です。

カードローン名審査通過率(成約率)

アコム 48.2%
アイフル 46.8%
プロミス 43.3%

2016年度の平均ではアコムが一番高くなっています。48.2%と50%近くありますので、カードローンの審査通過率としてはかなり高めです。 

審査通過率が高いということは、それだけ審査に通りやすいということを意味します。もちろん、高いからといって審査が甘いわけでありません。それでもかなり参考になります。こうした審査通過率の高いカード会社に申込めば、審査の難易度が下がるのでおすすめです。 

審査の甘いカードローン・キャッシングは存在する!独自の審査基準とは?

大丈夫!カードローンの審査はこんなにシンプルで簡単なんです!!

カードローンを初めて利用する方の中には、「審査ってむずかしそう?」このようなイメージがあるかもしれません。でも、カードローンの審査は驚くほど簡単です。細かい部分は各社によって違いますが、以下のようなに非常にシンプルになっています。 

  1. 申込み
  2. 申込確認
  3. 審査~在籍確認~審査結果の通知
  4. 書類提出
  5. 契約

 ほとんどのカードローンはネットから申込可能です。申込は必要事項を記入していくだけでOK。申込が完了すると申込確認の電話があります。申込確認の電話では、氏名や住所などの個人情報、希望の借入れ額などが聞かれます。 

その後、審査が開始され、審査のなかには在籍確認もあります。審査は早いカード会社なら、30分程度で終わります。 

審査に通過したら必要書類を提出します。書類は大手ならネットでUPするのが基本です。自動契約機のある会社なら、契約機からも提出できます。その他、カード会社によっては窓口や郵送、FAXでも可能です。 

必要書類を提出したら、あとは契約して終了です。契約はネット・自動契約機・窓口の3つが基本です。契約後は各社の振込可能時間なら、基本的にすぐに振込してもらえます。自動契約機のある会社なら、カードをすぐに発行してくれるのでATMでも借入れできます。 

このようにカードローンの審査はシンプルにして簡単。決して難しいものではないんですね。 

「それでもやっぱり審査は不安…」 

というのであれば、申込み前にできる「借入れお試し診断」をしてみてはいかがでしょう。このお試し診断は簡易的なものではあるのですが、おおよそいくら借り入れができるかという判断をすることができますし、信用情報機関への照会も行いませんので照会履歴が残りません。 

こちらに一覧を載せていますので参考にしてみてください。

アコム 3秒診断
【入力項目】
年齢・年収・他社借入状況(借入金額)

プロミス お借入診断
【入力項目】
生年月日・年収・現在の借入額(他社からの借入額)

アイフル 一秒診断
【入力項目】
年齢・雇用形態・年収・他社借入金額

某銀行カードローン お借入診断
【入力項目】
生年月・性別/独身既婚・他社借入状況(件数と借入額)
フクホー お試しご融資診断
【入力項目】
結婚有無・住居区分・居住年数・職業区分・雇用区分・転職回数・他社利用件数

少額融資なら審査なしで借りれる?

少額の融資でも審査なしのカードローンは存在しません。無職の人の場合や個人情報に事故がある人は審査があると借りたいけれど借りれないということになり審査なしで借りれるところを探すのは分かりますがまずは審査に通り易い状況を作ることをお勧めします。無職の場合はアルバイトをするなどして安定した収入が少しでもあれば少額であれば借りれる可能性は高くなるでしょう。まずは審査に通り易い状況を作ることを始めましょう。

審査で家族バレするのが怖い!発覚を防ぐにはどうすればいい?

カードローンの審査で家族にバレてしまうことはほとんどありません。カード会社は申込者の個人情報を守る義務があります。あなたが申込みをしているという事実は、他人に知られないようにしなくてはいけないのです。これは家族であっても例外ではありません。 

そのため、この件に関してはカード会社も最大限配慮してくれています。例えば、本人確認や在籍確認の電話は担当者の個人名でされ、カード名を名乗ることはありません。また、郵送物も差出人名はそれと分らないように配慮しています。

業者名 郵送物の差出人名
アコム ACサービスセンター
プロミス 事務センターからの個人名
SMBCモビット MCセンター
アイフル 担当者名

大手消費者金融の場合、上記の差出人名で郵送され、業者名で郵送しないようになっています。銀行系カードローンの場合は銀行名で郵送されます。例えば、三井住友銀行カードローンなら「三井住友銀行」で郵送されますので、カードローンとは分りません。 

このようにカード会社も最大限配慮してくれるため、カードローンの審査で家族バレする可能性は非常に低いので過度な心配は無用です。 

郵送物はマズイ!ナシにすることはできないのか?

「どうしても郵送物はナシにしたい!」このような方も多いでしょう。そのような場合、郵送物をなしにできる申込方法や、サービスのある業者を選ぶことで問題を解決できます。 

カードローンで発生するおもな郵送物は、「カード」・「契約書」・「明細書」の3つです。この3つの郵送物は以下の方法でナシにすることが可能です。 

カードと契約書はこれで郵送ナシにできる!

カードと契約書は同時に郵送されてくることが多いです。この2つの郵送を防ぐには自動契約機のあるカード会社を利用することです。自動契約機なら、その場でカードと契約書が発効されますので、郵送を確実に防げます。 

カードレスで利用できるカード会社を選ぶのも良い手です。例えば、プロミスとSMBCモビットの「WEB完結」というサービスは、カードの発行がありません。手続きはネット上のみで完結しますので、郵送物が一切発生しません。

明細書はこれで郵送ナシにできる!

明細書は「WEB明細」を利用できるカード会社を選ぶことで郵送を防げます。WEB明細とは、ネット上で利用記録を管理するサービスです。近年、大手のほとんどがWEB明細を採用しています。そのため、明細書の郵送に関してはそれほど気にする必要はありません。

在籍確認でバレる可能性はほぼ0%。方法次第では100%防げる!

在籍確認は申告した職場に電話されます。そのため、「上司や同僚にカードローンの利用がバレないか?」と不安な方が多いようです。しかし、先にも言ったように在籍確認の電話は担当者名でされます。カード名を出すことはないので、バレてしまう可能性は限りなく低いです。

とはいえ、「職場にはどうしても電話してほしくない・・・」という方も多いでしょう。残念ながら、在籍確認自体をなくすことはできません。在籍確認をしないと働いているという裏付けがとれないからです。

ただし、消費者金融なら書類提出に変更できる!

消費者金融なら、在籍確認を書類提出という形に変更することが可能です。例えば、アイフルであれば以下の2つを提出することで職場への電話をなしにできる可能性があります。

  • 健康保険証
  • 給与明細書

また、アコムでも担当者に相談すれば以下の2点を提出することで、在籍確認の代わりとしてもらえる可能性があります。

  • 社会保険証
  • 免許証

ただし、アコムの場合は担当者の判断でNGになることもあります。どうしても書類のみでというのであれば、アイフルへの申込みを検討してみてください。また、銀行系カードローンは電話連絡が必須となります。在籍確認を書類提出という形で代用OKなのは消費者金融系のみです。

審査が不安でも借入出来たリアル体験談も参考にどうぞ!アイフルの口コミ情報

カードローン審査なしに関するまとめ

審査なしで利用できるカードローンはありません。カードローンはあなたの返済能力や信用をもとに融資するローンです。よって確実に審査があります。しかし、審査はけっして難しいものではありません。

審査自体はほとんど機械的におこなれますので、非常にシンプルです。また、審査や在籍確認によって、家族や会社の同僚・上司などにカードの申込がバレたりすることもほぼあり得ません。対策方法をとれば、その可能性をさらに下げることもできます。このようにカードローンの審査はけっして難しいものではないんですね。

執筆者

執筆者
■金子ちえ
金子ちえ
21女/某金融系の会社に勤務。金融アドバイザーをしています。
「金子ちえです。カードローンやお金に関する情報をお伝えします!」
●ツイッター⇒@kanekochie