「利息をもっと減らしたい!」「複数の借金を1つにまとめたい」このようなときに検討するのが「借り換え」ですよね。今よりも条件の良いカードで借り換えできれば、利息を減らしたり、月々の返済額を少なくすることが可能です。

今回はそんなカードローンの借り換えを、上手におこなうための極意を追求していきます。

借り換えがどのくらいお得なのかや、カードの選ぶ基準、審査についてなど、徹底解説していますので、この記事を読めば借り換えで失敗することを防げます。借り換えを検討しているなら、是非お読みください。

借り換えの基礎知識~メリット&デメリット・おまとめローンとの違いなど

まずはカードローンの借り換えが、どういうものなのかしっかり把握しておきましょう。

カードローンの借り換えとは、現在の借入を他社のカードローンで返済してしまうことを指します。現在利用中のカードよりもメリットのあるカードに乗り換え、利息を軽減したり、月々の返済額を減らす目的でおこなわれます。

借り換えのメリット&デメリット

借り換えで失敗しないためには、メリット&デメリットの双方をよく理解しておく必要があります。まずはメリットから見ていきましょう。

借り換えのメリット

  • 利息を減らすことができる
  • 月々の返済額を減らすことができる
  • 月々の返済日が1つになる
  • 残高の確認がしやすくなる

借り替えの最大のメリットは利息を減らせることです。

現在利用中のカードローンより、金利の低いカードに乗り換えることによって、利息を減らすことができます。また、複数の借入をしている場合、月々の返済額を減らせる可能性が高くなります。返済日もひとつになり、残高の確認もしやすくなりますので、返済計画がたてやすくなります。

借り換えのデメリット

  • 利息が増える場合もある
  • 返済期間が長くなることがある
  • 再度審査を受けなくてはいけない
  • 借入している状態なので限度額が低くなりがち

借り換えのデメリットとして、利息が増えてしまうケースがあります。

貸付条件によっては返済期間が長くなる可能性もあります。再度審査を受けなくてはいけないため、申込の手間や在籍確認も必要になってきます。借入している状態ですので、返済能力を低く判断されてしまい、限度額が低くなってしまう可能性も否定できません。

借り換えとおまとめローンの違い

借り換えとおまとめローンは似ているようですが別物です。どちらも今ある借金を別の会社で借入して、返済していくという意味ではおなじです。しかし、以下の点が異なります。

借り換え他社で借入をして、そのお金で現在の借金を完済する
おまとめローン他社に今ある借金を立替えてもらう。 ※貸金業者からの借入のみにしか使えない場合もある。

※消費者金融系のおまとめローン(アコム・プロミス)は貸金業者(みなし貸金業者含む)からの債務しかおまとめができません。

借り換えの場合、ただ単に別の会社で借入して、今ある借金を完済するだけになります。

例えば、A社で20万円・B社で40万円の合計60万円の借入がある場合、C社で60万円を借入してA社とB社の借金を完済するという形になります。

実際に借金が1つになるわけではなく、完済することによって実質的に1つになるのが借り換えなのです。よって手続きは自分でする必要があります。借り換えとは言っても、普通にカードローンを利用するのと変わりないんですね。そのため、残っている限度額は自由に利用することが可能です。

それに対して、おまとめローンとは借金をおまとめする専用のローンです。

簡単に言えば立替え払いですね。今ある借金をカード会社に立替えてもらい、おまとめしてもらえるのです。よって、おまとめ後は返済していくのみとなります。カードローンのように自由に借入はできません。

借り換えすべき人はこんな人!

ここまでのまとめとして、どういう人に借り換えがおすすめなのかを解説していきます。借り換えすべき人は以下のような人です。

  • 利息を減らしたい
  • 返済期間を短縮したい
  • 複数の借金を1つにしたい
  • 月々の返済額を少なくしたい
  • バラバラの返済日をまとめたい
  • 返済計画を立てやすくしたい!
  • もっと利便性のよいカードにチェンジしたい

やはり、借り替えの一番のメリットは利息が減らせることです。例えば、「消費者金融を利用しているが利息が高い・・・」このような場合、金利の低い銀行カードローンなどに借り換えすることによって、利息をグッと減らすことが可能です。

その他にも、複数社から借入がある場合、「返済額が少なくしたい」「返済日を1つにしたい」というような場合にもおすすめできます。

低金利のカードローンに借り換えするとこんなに利息をカットできる!

低金利のカードローンに借り換えできれば、利息を大幅にカットできます。実際にどのくらい利息がカットできるか計算してみましょう。今回は以下の条件で比較をしていきます。

カード名金利返済期間
プロミス(借り換え前)17.8%30回
M銀行カードローン(借り換え先)14.5%30回

では、さっそく借り替え前と借り替え後では、利息がどのくらい違うのか計算してみましょう。上記の条件で借入額ごとの利息を比較すると以下のような結果になります。

 プロミスM銀行カードローン
10万円24,605円19,802円
20万円49,229円39,613円
30万円73,852円59,428円
40万円98,473円79,241円
50万円12万3,098円99,053円

借入額が一番少ない10万円のケースでも、借り換えすることによって4,803円も利息をカットできています。

これが30万円なら14,424円、50万円なら24,045円も利息をカットできるのです。このように金利の低いカードに借り換えできれば、利息を大きく減らすことが可能なんですね。

複数の借金を借り換えした場合のシミュレーションもしてみた!

複数の借金を借り換えした場合のシミュレーションも確認してみましょう。今回はプロミスのシミュレーションを使い、以下のような条件で借入しているとして計算しています。

 借入額金利返済回数利息額
S社20万円18.0%20回32,970円
H社50万円17.5%37回15万500円
O社70万円16.0%46回24万966円

この場合、以下のように借入していることなります。

借入合計140万円
※加重平均金利16.8%
返済回数46回
利息額50万8,284円
総支払額190万8,284円

※加重平均金利についてはあとで詳しく説明します

上記の状態から、もっと低金利なカードで借り換えした場合、以下のように利息を軽減することが可能です。

金利利息額総支払額
16.0%48万1,954円188万1,954円
15.0%44万9,334円184万9,334円
14.0%41万7,043円181万7,043円
13.0%38万5,080円178万5,080円
12.0%35万3,450円175万3,450円
11.0%32万2,137円172万2,137円
10.0%29万1,173円169万1,173円
9.0%26万533円166万533円
8.0%23万223円163万223円
7.0%20万261円160万261円

金利が数%下がるだけでも利息がずいぶん減っているのが分りますね。

複数社からの借入を借り換えするときは高額になりがちですので、その傾向がより強くなります。そのため、金利が少し低いカードローンで借り換えするだけでも、利息を大きくカットすることが可能なのです。

複数社からの借り換えの場合、「加重平均金利」を算出しよう!

利息を軽減するには金利の低いカードローンを選ぶ必要があります。

ただ、複数社から借入している場合、「現在の金利の基準が分らない・・・」というような方もいるかと思います。このようなときに使うのが「加重平均金利」です。

加重平均金利とは、「年間利息の合計金額÷借入残高」で算出される金利です。例えば、以下のような状況で3社から借入をしているとしましょう。

 金利借入額
F社18.0%15万円
T社16.0%30万円
P社15.5%50万円

まず、以下のように3社の年間の利息総額を計算します。

(15万円×18.0%)+(30万円×16.0%)+(50万円×15.5%)=15万2,500円

今回の場合、3社の年間の利息総額は15万2,500円となりました。次にこの15万2,500円を3社の借入合計で割ります。

15万2,500円÷(15万円+30万円+50万円)=16.0%

この16.0%が3社の加重平均金利となります。

よって、今回の場合であれば、16.0%よりも金利が低いカードローンで借り換えをしなくては利息を減らすことができません。このように複数社の借入を借り換えするときは、加重平均金利を算出し、それよりも低いカードローンを選ぶようにしてください。

1社でも低金利なカードローンに借り換えできれば利息は減らせる

複数社から借入している場合、借入額が大きくなりがちです。

借り替えしても、限度額が借入額にとどかないことがあります。しかし、それでも借り換えのメリットは大きいです。1社でも低金利なカードローンに借り換えができれば、利息は大きく減ります

例えば、30万円を金利18.0%、60万円を金利15.0%で借入しているとしましょう。このとき、金利14.5%のカードローンで借り換えしようと申込みしました。しかし、限度額は30万円でしたので、全額を借り換えることができません。

こうした場合、金利18.0%のほうだけ借り換えしてしまえばいいのです。

金利が18.0%から14.5%に3.5%も下がりますので、その分、利息をカットできます。このように1社しか借り換えできない場合でも、低金利なカードローンなら利息を減らせるんですね。

借り換えすると月々の返済額はどれくらい減るか?

複数社からの借入を借り換えすると、月々の返済額が減りやすいというメリットもあります。

実際にこのメリットに惹かれて、借り換えを検討している方も多いかと思います。ではどの程度、月々の返済額を少なくできるのでしょうか?計算してみましょう。

今回は以下のように4社で借入合計150万円、月々の返済合計40,000円で借入していると仮定します。

 借入額月々の返済額
A社20万円4,000円
T社30万円6,000円
G社40万円12,000円
M社60万円18,000円

続いて各社の最低返済額を見ていきましょう。月々の最低返済額は借入額によって決定します。借入額150万円のケースですと、以下のようになります。

カード名月々の最低返済額
M銀行カードローン20,000円
U銀行カードローン32,000円
I銀行カードローン25,000円
S銀行カードローン25,000円
R銀行カードローン30,000円
N銀行カードローン20,000円

借り換え前の返済額は40,000円ですから、どのカードローンでも月々の返済額がググっと下がります。カードによっては半分の20,000円で済む場合もありますね。このように複数の借入を借り換えする場合、月々の返済額が減る可能性が非常に高いのです。

月々の返済額が少ないとデメリットにもなる点に要注意!

借り換えによって、月々の返済額が少なくなることは確かにメリットです。しかし、同時にデメリットになることを理解しておく必要があります。その理由は残高の減りが遅くなることです

月々の返済額が少ないと残高の減りが遅くなります。

残高の減りが遅くなるため、支払い回数が多くなり、利息が増えてしまうのです。月々の返済額が少なすぎると、支払い自体は楽になるものの「返済しても残高が全然減っていない・・・」という状況になってしまうのです。

実際に返済額によって、支払い回数と利息額がどうなるのか見ていきましょう。M銀行カードローンで25万円を金利14.5%で借入しているとして計算しています。

月々の返済額支払い回数利息額
6,000円(最低返済額)59ヶ月99,699円
8,000円40ヶ月65,817円
10,000円30ヶ月49,424円
12,000円25ヶ月39,730円
15,000円19ヶ月30,855円
18,000円16ヶ月25,330円
20,000円14ヶ月22,681円

M銀行カードローンの場合、借入額25万円の最低返済額は6,000円です。仮に6,000円で返済していくと、完済までに59ヶ月かかり、利息額は99,699円になってしまいます。

複数社の借入を借り換えすると、月々の返済額が少なくなる可能性が高いものの、返済額があまり少なすぎると、残高の減りが遅くなってしまいます。

そうなると「一向に返済が終わる気がしない・・・」という状況になってしまうこともあります。月々の返済額が少なくなることには、こうしたデメリットがある点に注意しておかなくてはいけません。

借り換えなら「銀行カードローン」で決まり!その理由とは?

借り換えするなら、銀行カードローンが断然おすすめです。その理由は、銀行カードローンは消費者金融系に比べて金利が低いからです。実際に消費者金融系と銀行カードローンの金利を比較してみましょう。

消費者金融の金利一覧

カード名金利
SMBCモビット3.0%~18.0%
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
ノーローン4.9%~18.0%

銀行カードローンの金利一覧

カード名金利
SS銀行カードローン4.5%~18.0%
M銀行カードローン4.0%~14.5%
U銀行カードローン1.8%~14.6%
J銀行カードローン2.2%~17.5%
R銀行カードローン1.9%~14.5%
I銀行カードローン3.8%~13.8%
Z銀行カードローン3.0%~14.0%
S銀行カードローン※0.99%~7.99%(8.39%~14.79%)

※コースによって適用金利が変わります

比較してみると銀行カードローンのほうが、上限金利が低い傾向にあるのが分りますね。

消費者金融系はどこも18.0%で横並びですが、銀行カードローンは15.0%以下のカードが多くなっています。銀行によっては7.0%という超低金利なカードローンもあります。

消費者金融系&銀行カードローンともに、最初は上限金利付近に設定されることが多くなっています。金利は限度額によって決まるのですが、最初の限度額は100万円以下になるケースが多いです。100万円以下ですと金利が下がらず、上限金利になることが多いんですね。

よって、金利を見るときは上限金利に注目してください。

銀行カードローンには総量規制がない

銀行カードローンは総量規制の対象外になるというメリットもあります。

消費者金融系の場合、総量規制がありますので年収の1/3までしか借入できません。年収が380万円なら、1/3の126万円までが借入上限となるのです。

銀行カードローンの場合、こうした縛りはありません。そのため、消費者金融系よりも多めに借入できる可能性があるのです。複数の借入を借り換えする場合、消費者金融ですと総量規制に引っかかってしまう可能性がありますが、銀行カードローンならその心配がないんですね。

借り換えに最適なカードローンの条件~おすすめの銀行カードローン

借り換えに最適なカードローンの条件は「上限金利が低い」ことです。

借り換えの最大のメリットは利息の軽減ですので、金利が低いカードローンを選択する必要があります。先にもお伝えしたように、最初は上限金利付近に設定されることが多いため、必ず上限金利で決めるようにしてください。

例えば、3.0%~13.8%とあれば、13.8%のほうに注目するのです。

どのカードローン会社も下限金利のほうを強調しているため、3.0%のほうに目を奪われてしまいがちですが、最初から下限金利に設定してもらえることはまずありません。

下限金利は最大限度額が設定されたときの金利ですので、普通はまず適応されないのです。最大限度額が1,000万円なら、1,000万円に設定されたときのみに下限金利が適応されるんですね。このように下限金利が適応されることはほぼないため、上限金利を目安に借り換え先を選ぶようにする必要があります。

銀行カードローンで借り換えに最適なのはこの5社!

銀行カードローンの中でも、借り替えに最適なカードを5つピックアップしてみました。カードローンを選ぶときの参考にしてもらえれば幸いです。

Z銀行カードローン

金利3.0%~14.0%
限度額1,000万円
審査時間最短当日
即日融資可能

Z銀行カードローンの金利は3.0%~14.0%となっていて、銀行カードローンの中でも低い設定となっています。

借入れする金額等によって適用金利が変動する形になっているのですが、仮に上限金利の14.0%が適用されたとしても、消費者金融などの金利が高いところからの借入れを借換えするのであれば利息の軽減が十分期待できます。

S銀行カードローン

金利0.99%~7.99%(8.39%~14.79%)
限度額1,200万円(300万円)
審査時間最短60分
即日融資可能

S銀行カードローンは審査時にコースの振り分けが行われ、適用されたコースによって金利・借入限度額が違ってきます。

設定金利が0.99%~7.99%のコースに振り分けされれば、かなりの利息が軽減できる可能性があります。また、適用金利8.39%~14.79%のコースの場合でも既存借入先の金利によっては、借換えによる利息軽減効果が期待できます

審査時間も最短60分となっており、借り換えができるかどうかをすぐに知りたいという人にはオススメの銀行カードローンです。

I銀行カードローン

金利3.8%~13.8%
限度額800万円
審査時間最短即日
即日融資可能(口座ありのみ)

I銀行カードローンの上限金利は13.8%となっており、銀行カードローンの中でもかなり低い設定となっています。また、最大限度額が800万円までになっているので、比較的まとまった額の借り換えにも対応が可能です。

審査回答も最短即日となっていて非常に便利なのですが、注意点として申込みをしたその日に借入れをしたいという場合はI銀行の口座を持っていることが条件になっています。

それを含めたとしても魅力的なカードローンであることには間違いありません。

U銀行カードローン

金利1.8%~14.6%
限度額500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

U銀行カードローンの特筆すべきポイントは、なんといっても下限金利が1.8%とかなりの低金利に設定されている点です。

ここで紹介しているS銀行カードローンはU銀行カードローンより低い0.99%に設定されていますが、大きな違いとして最大限度額が違うという点です。

S銀行カードローンの場合、金利0.99%が適用されるのは1,100万円超の限度額で、かつ金利引下げ条件を満たした場合になっています。それに、借入額が300万円超~500万円のときの金利は4.39%~4.99%となっていますので、この金利とU銀行カードローンを比べていただけるといかに低い金利設定かということがお分かりいただけると思います。

M銀行カードローン

金利4.0~14.5%
限度額800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

M銀行カードローンは、ここで紹介した中でも金利面で突出した特徴はないのですが、消費者金融などの高い金利からの借り換えをするには十分な金利設定になっています。

ただ、なんといってもM銀行カードローンの一番の特徴は融資までの時間が非常に早いという点です。振込の場合はM銀行の口座(インターネットバンキング)を開設している必要があるのですが、もし口座がない場合でも、某消費者金融の自動契約機でローンカードの受取りが可能になっています。

この自動契約機は全国各地に設置されていますし、土日祝も原則21:00まで開いていますので仕事帰りにローンカードの受取り・借入れができるようになっているのが大きな特徴といえます。

銀行カードローンの借り換え審査の難易度~通りやすい銀行はある?

銀行カードローンの借り替えの審査は厳しめになる傾向があります。その理由は、借入れを既に行っている状態で審査を受けることになるからです。

借り換えだからといって特別な審査がされるわけじゃありません。審査は通常の借入とおなじようにされます。よって、借り換えという行為自体が審査のハードルを上げしまうわけではないんですね。

しかし、借り換えする人というのは他社借入があります。

他社借入がある場合、そうでない人よりは返済能力を低く見積もられてしまいます。例えば、同じ年収300万円の人でも、借入れが60万円の人と、0円の人では使えるお金に差がでてきますよね。この場合、借入額0円の人のほうが使えるお金が多く、返済能力が高いと判断されます。

カードローン会社はあなたの返済能力の範囲内でしか融資してくれません。他社の借入状況によっては「これ以上の融資は危険」と判断されてしまうことがあるのです。

こうしたことが理由で、借り換えの審査は通常よりも厳しめになる傾向があるんですね。

借り換えの審査に通りやすくなるコツってある?

借り換えに限らず、カードローンの審査に通りやすくするコツというのはありません。審査は現時点の「返済能力」「信用」によって決まります。

年収や職業など、申込み時に入力した情報を「スコアリング」という方法で、採点化したり、信用情報機関に照会して、過去の返済履歴や現在の借入状況、事故情報の有無などをチェックし、審査の合否を決定するのです。こうしたことは、これから審査を受けようという段階ではどうにもならないんですね。

時間がかかっても良いなら審査通過率をUPできる!

今すぐに審査に通りやすくする方法はありませんが、時間がかかっても良いなら方法はあります。その方法は単純に借入額と件数を減らすだけです。

先にもお伝えしたとおり、他社借入があるとその分、返済能力を低く見られてしまいます。それなら、単純に借入額と件数を減らせば良いのです。この2つが少なくなるほど、返済に余裕もでてきますので、返済能力を高く見てくれる可能性が高くなります。よって、審査に通りやすくなる可能性が高くなるのです。

借り換え審査に通りやすい銀行カードローンはあるか?

審査に通りやすいカードローンというのはありません。融資ですから、どの銀行も審査は厳格におこなっています。とくに近年は銀行カードローンの過剰融資が社会問題化してきていますので、審査はより厳格化しているかと思います。

ただし、上限金利が高い銀行ほど、審査に通りやすい傾向にある点は間違いありません。

逆に低金利なカードほど審査のハードルが上がっていきます。そのため、審査通過率をUPしたいなら、極端に低金利なカードローンは避けるようにするのも良い手かもしれません。とくに他社借入額や件数が多い場合は、ハードルが高そうなカードローンは避けたほうが無難です。

銀行カードローンの借り換え審査が通らない!そんな時どうすべき?

借入額と件数を減らしてから再チェレンジしてみる!

先にもお伝えしたとおり、借入額と件数を減らせば、審査に通過できる可能性があります。とくに複数者から借入がある場合、1社でもいいの完済してから、再度申込みをすれば、以前よりも審査に通りやすくなります。

地方銀行にも目を向けてみる!

銀行カードローンは大手やネット銀行だけではありません。

お近くにある地方銀行にもあるのです。地方銀行のカードローンは知名度こそありませんが、金利は大手と比較しても遜色なくあなどれません。こうした地方銀行のカードローンに目を向けてみるのもおすすめです。

ただし、地方銀行カードローンの場合、「地域制限」には気をつけましょう

地方銀行カードローンには地方制限があることが多く、カードを発行する銀行の営業エリアにお住まいか、勤務先のある方以外、利用できないケースが多々あります。

フリーローンも検討してみる!

フリーローンもカードローンとおなじく現金を借入でき、かつ利用用途も自由です。そのため、借り換えとして利用することが可能です。フリーローンの中にも低金利なものがありますので、今よりも金利が下がるのであれば検討するのも良い手です。

消費者金融系のおまとめローンを検討してみる!

大手消費者金融系の中には、以下のようにおまとめ専用のローンを展開している業者もあります。消費者金融系のおまとめローンは金利が高いですが、その分、銀行カードローンよりも審査のハードルは低くなる傾向にあります。

商品名金利限度額
アイフル「おまとめMAX」3.0%~17.5%800万円
アコム「借換え専用ローン」7.7%~18.0%300万円
プロミス「おまとめローン」6.3%~17.8%300万円

これらのおまとめローンは「複数の借入をひとつにしたい!」という場合にメリットが高いです。

とくに「毎月の支払いが高額で苦しい」、「返済日がバラバラで煩わしい」、「借入残高が分りづらい」というようなときに利用すると、借入が1本化されますので、月々の返済額が減る・返済日がひとつになる・借入残高が分りやすくなるというメリットがあります。

また、消費者金融系のおまとめローンの場合、総量規制の対象外になります

よって年収の1/3以上の借入も理論的には可能です。ただし、おまとめローンの場合、借入というより立替え払いなのでカードローンのように追加の借入はできません。

消費者金融系のおまとめローンの場合、対象となるのは貸金業者(消費者金融・信販会社・クレカのキャシング枠)からの借入のみとなる点にも要注意です。銀行カードローンやショッピングローン、クレカの分割やリボ払いには利用できませんので注意しておきましょう。

※アイフルのおまとめローンは借入先の銀行によって対応できる場合もあります

延滞をしないことも大事!

延滞をしてしまうと信用情報にその記録が一定期間残ってしまいます。

場合によっては、その情報が原因で審査にネガティブ評価がつくこともあります。とくに数ヶ月間もの延滞をすると「長期延滞」となり、「事故情報」となってしまいます。

事故情報になると借り換えだけの審査だけでなく、その他のカードやローンの審査にもしばらくの間、通るのが非常に困難になります。それだけでなく、現在利用中のカードローンやクレカの契約を更新してもらえなくなる可能性も高まります。延滞は絶対にしないようにしてください。

まとめ

今よりも低金利なカードローンに借り換えできれば、大きく利息を減らすことが可能です

複数社から借入している場合であれば、返済日を1つにしたり、月々の返済額が減るといったメリットもあります。借り換え先に選ぶなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは消費者金融よりも、上限金利が低い傾向にありますので、借り換えに非常に適しています。