カードローンの返済方法は商品によって様々です。

ですので、初回の返済の際や複数のカードローンを利用している際は滞納に気を付けなければなりません。どうすれば返済を忘れずにできるか、うっかり返済を忘れてしまっていた際にどうすればよいかを知っていれば万が一の際に対処ができます。

カードローンの返済方法

通常、カードローンの返済方法は大きく分けると2つの方法があります。

  • カードによるATMでの返済
  • 口座振替による返済

この2つです。

カードローンはその名の通り、ローン専用のカードが発行されます。(まれにキャッシュカードと一緒の商品もあり)

借入も返済もそのカードを利用してATMで行うことが一般的です

多くのカードローンがコンビニATMを利用できるため、比較的手間を取ることなく利用することが可能であり、今すぐお金が必要だという時でもスピーディにお金を確保できたり、反対に返済日ギリギリでもコンビニで返済できるためしっかりと返済期限を把握できる方であれば困ることはありません。

ATMでの返済に加えて、今では口座振替による返済ができる商品が増えています。

商品によって振替用口座は自行口座でなければいけない商品、他行口座でも振替可能な商品があります。

ATMでの返済は自分でATMへ足を運び返済をしなければいけませんが、口座振替の場合は毎月の設定日までにATMによる返済がなかった場合は自動的に口座から最低返済金額が引き落とされる仕組みになっています

口座にお金が入ってさえいればうっかり返済を忘れるといったことは防げるため、保険として口座振替での返済ができるなら検討してみてはいかがでしょうか。

以下のカードローンは口座振替の返済が可能な商品です。

アコム
口座対応金融機関多数
プロミス
口座対応金融機関多数
楽天銀行カードローン
他行口座からの振替対応
他行口座からの振替対応

カードローンの返済金額は?

カードローンの返済金額は商品によって変わるうえに、借入金額や利率によっても変わってきます

まずは自分が利用している商品の借入金額と利率を確認し、返済金額が一覧でわかる表が金融機関のHPにあると思いますので、それを見て確認することを意識したほうが良いかもしれません。

または、カードローンの会員サイトがある場合は、会員画面から確認できることもありますし、ATMでローンの残高照会をした場合にも次回返済予定額を確認することもできます。今挙げたように返済金額を確認する方法はいくつかあるため、返済金額が分からないなんてことがないようにしていきましょう。

金利によって総返済額がどれくらい変わるのかをこちらのページで計算しています。
「今すぐ10~20万円が必要!どうしてもお金を借りるなら」

カードローンを滞納してしまったら?

いくら返済方法が簡単であったとしても、返済金額が分かっていたとしても、人間なのでうっかり返済し忘れてしまうことや、お金が少し足りなくて返済が数日後になってしまうことなどはあります。

万が一、カードローンを滞納してしまった場合はできるだけ早く返済しましょう。カードローンを滞納してしまった場合、遅延損害金が発生します。

本来、返済金額は元本と利息となりますが、滞納してしまった場合は元本+利息+遅延損害金となります。遅延損害金の利率は各商品ともに高く設定されていることが多く、年15%~18%前後に設定されていることが多いでしょう。

しかし、この遅延損害金は返済金額の元本部分に対してかかります。

「返済金額の元本金額×遅延損害利率×滞納日数/365日」で計算され、例として返済の元本が10,000円で、遅延損害利率が18%、滞納日数が10日だった場合は「10,000円×18%×10日/365日」で約49円になります。

つまり、金銭的な負担はあまり高くないことが分かります。おそらく49円ならば痛くも痒くもないことでしょう。しかし、金額以上に大切なのは信用情報です。次の事項で詳しく見ていきましょう。

カードローン滞納による信用情報への影響は?

カードローンを滞納してしまった場合、滞納日数にもよりますが信用情報への影響は免れません。通常は1日でも滞納をした場合、信用情報機関に延滞情報が載ることになります。しかし、実際は金融機関によって対処はまちまちです。

しっかりと1日の滞納でも信用情報機関へ延滞情報として提供する金融機関もあれば、数日の延滞ならば信用情報機関へは通常の返済として提供する金融機関もあります。

明確な基準はないので、原則として1日でも滞納をすれば信用情報機関へも延滞情報として記載されるものだと思っていてください

また、上記の話は信用情報機関での話ですが、滞納をした金融機関ではたとえ1日の延滞でも延滞情報として記録されていくことになります。

たかが1、2日の延滞だとしてもされど延滞です。これから他のローンを組む予定が残っている人は、その時の審査で悪影響になることがあります。もう一生、ローンを借りることが無いと断言できれば良いかもしれませんが、たとえ1、2日の延滞でも返済期限をしっかり守ることは借りている人にとってのルールです。しっかり守るようにしましょう。

期限の利益って?

よくローンの話をする時に「期限の利益」というワードが出てきます。いったい何か分かりますでしょうか?

答えから言うと、「契約期間の間は借りていられる権利」です。

わかりづらいでしょうか?

言い方を変えれば「契約期間の間は毎月の返済金額以上の返済を強制できない権利」です。
つまり、契約期間内なのに「次回返済時に全額返済してくれ」と貸し手が借り手に対して要求することは通常できないのです。

しかし、この要求が認められることがあります。それは延滞をした時です。

あくまでも期限の利益は通常の契約通りに返済をしている場合にのみ借り手の権利として有効になりますが、本来は1日でも延滞した場合には期限の利益を失うことになります。

これを「期限の利益の喪失」といい、この場合は借入残高の一括返済を要求されることとなります。
ただ、実際には1、2日の延滞で期限の利益が喪失することはなく、滞納日数が30日を超えてくると危なくなってくるのではないかと思います。

これも明確な基準はないため、肝心なのは滞納をしないことだと覚えておいてください。

カードローンの返済で気をつけることは?

だいたいのカードローンは約定返済期間が設定されています。

たとえば毎月15日~25日までに約定返済をする商品概要だった場合、15日~25日というものが約定返済期間に当たります。

約定返済期間が15日~25日のため14日に返済をしてしまった場合、約定返済期間ではないため随時返済とみなされてしまいます。その場合、もう一度15日~25日の間に返済をしなければその月の返済を滞納してしまうことになります

忘れないうちに返済することも重要ですが、約定返済のつもりが早く返済しすぎていることの内容に気をつけましょう。

借入金額は利率や借入金額で変わると伝えてあります。追加で借り入れし次の返済時に返済金額を前回と同じ金額で返済してしまうと、もしかしたら不足している可能性があります。

一般的にはATMでの返済時に入金額エラーとなるケースが多いので、気づくはずですが商品によっては約定返済金額よりも少額の返済は随時返済とみなされてしまう商品もあるため、追加で借り入れた場合は注意してください。

カードローンの商品はたくさんありますが、返済日が毎月決まっている場合(約定返済期間や特定日)周期別に決まっている場合の二つがあります。

周期別とは、例えばアコムの場合「35日ごと」に返済する方法があります。返済の翌日から35日後が次回の返済期限となる方法です。

この場合、返済日を覚えておいて35日後までに返済しなければなりません。間は1ヶ月以上あるため給料日ごとに返済しておけば忘れることはありませんが、返済方法としては忘れやすい方法なのではないかと思いますが、アコムの場合は「35日ごと返済」と「毎月払い」と選ぶことができるので好きな方を選ぶことはできます。

返済に関する豆知識

ここで一つ豆知識を。返済日にお金が間に合わず、返済できなかった際の裏ワザです。

もしカードローンの枠に空きがあるならば、返済金額分を一時的に借り、それを約定返済に充てればその月の約定返済とすることができます

そして給料等で資金が手に入った段階で随時返済として返済すれば、延滞にせずに返済することが可能です。追加で借り入れた分の利息が少し加算されるため、数百円程度負担は増えますが信用情報にキズがつかずに済むということを考えると私は安いものだと思います。裏ワザなので、おすすめはできませんがこういう方法もあるということを知っていただければと思います。

もし、枠がいっぱいで増額を検討しているなら、こちらの記事が参考になります。「カードローンの増額審査!落ちたら他社でも借りれる?」

まとめ

カードローンの返済においてはまず自分が契約しているカードローンの利率や返済期間、返済方法を把握していることが大切です

そして、返済期限までにしっかり返済することが重要ですが、万が一間に合わなかった場合はできるだけ早く返済しましょう。

延滞をすると遅延損害金を払わなければいけませんが、金額的には微々たるものです。しかしそれ以上に信用情報にキズがつくことを懸念しましょう。本来であれば1日でも延滞すると期限の利益の喪失事項に該当しますので、延滞はしないように意識しましょう。

どうしても返済は遅れずにしたい場合には、枠に余裕があるならば返済金額分を借り入れて返済に一時的に充て、その後資金が用意できた際に随時返済すれば延滞をせずに返済をすることができます。

兎にも角にも、返済をしていくうえで重要なのは借り入れるときに計画性をもって借り入れることです。今後の返済も頭に入れ、「今借りて今後返済できるだろうか」と自分自身に疑いの念をもつことも重要です。くれぐれもカードローンのご利用は計画的に行ってください。