まとまったお金が必要になった時、親や知人から借りることができないのであれば、まずは銀行で借り入れをする人が大半でしょう。

しかしその際、そもそも銀行からお金を借りることができるのか?その条件は何か?についてお話します。

借入をするにはある程度の年収が必要

借入をするには当たり前ですが、返済をしなくてはいけません。返済しなくていいのは、借り入れとはいいませんよね。そこで借入する際に、銀行が重視するのは返済能力です。

返済能力とは、借入金を返済していくための借主の債務能力のことになります。例えば年収が1000万円あっても、毎月100万円返済することは、不可能でしょう。

逆に年収が100万でも毎月1万でしたら、返済は可能でしょう。

このように年収に応じた無理のない借入が理想です。目安としては、住宅ローンでしたら、およそ年収の4倍から6倍の金額を目途に借りることが多いです。

例えば年収500万円の方が、3000万借りても、他に大きな借入がない限りは、返済可能ですね。

では年収ゼロ円の専業主婦が借りることができないかというとそうではありません。専業主婦でも旦那は働いているので、過去に借入金の返済にて滞納がない限り、借りることは可能です。

しかしそれでも審査は厳しくなります。ですので、もし借入が必要であれば、まずは働いて、ある程度の年収を確保するほうがよいでしょう。

みずほ銀行カードローン

  • 実質年率 2.0~14.0%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間
  • 低金利
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
みずほ銀行カードローンは大手メガバンクということもあり安心してご利用できるカードローンです。すでにみずほ銀行の普通預金の口座を持っていればネットなどからカードローン口座開設後お手持ちのキャッシュカードでカードローンの利用が可能になります。みずほ銀行を利用の人にはおすすめのカードローンと言えます。

楽天銀行カードローン

  • 実質年率 1.9~14.5%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間 最短翌日
  • お試し
  • 土日祝
  • 学生
  • 派遣
楽天銀行カードローンは銀行でお金を借りる方法としてはライトな感覚でお金を借りることができます。必要書類や申し込み手続きが少ないので非常に人気が高いカードローンです。借りる条件も大口のローンと比べボーダーラインは低いので急いでいる人は少額の借入にはおすすめできます。

借入をする目的ごとに条件は変わってくる

借入をする際、どのような目的で借り入れをするのかで、条件は変わってきます。

住宅を建てるため?お子様の教育資金の為?このように銀行からの借り入れをする際には、ローンの種類としていろいろあり、主に下記のものがあります。

住宅ローン

その名の通り、住宅を建てるときや、買うときに借りるローンです。

殆どの方が、もし住宅を建てるのであれば、必要となるローンでしょう。こちらのローンは金額も大きく、返済期間も長くなりますので、審査は厳しくなります。他のローンと違うところは、借入をする際、住宅そのものが担保になるという点です

通常住宅ローンを借りた場合、購入目的である土地と建物に銀行の抵当権がつきます。これは万が一借主が、返済不可能になった場合に、銀行がその土地と建物を差し押さえて、借入金の回収を行うということです。

ですので、その物件の価値を大きく超えた金額を借りる場合は、他に担保を提供するか、もしくは、金利が大幅に上昇してしまいますので、気を付けたほうがいいでしょう。

「根抵当権と抵当権の違いについてFP(元不動産会社勤務)が分かりやすく解説!」

教育ローン

教育ローンとは、子供の教育費に使途を限定した、個人に向けたローンのことになります。

つまり教育ローンを借りた場合、教育費以外に使ってはいけないという教育費専用のローンになります。一般の個人向けローンと比べ金利はおおむね低めに設定されています。

奨学金との違いですが、教育ローンは、借主はあくまでも保護者であり、奨学金は学生本人になります。また、返済開始は教育ローンは借りた翌月から返済するのに対し、奨学金は、学校を卒業してからになります。

教育ローンには主に2種類あり、一つは公的な教育ローン、もう一つは民間の教育ローンです。

大きな違いはまずは支払利息です。公的な教育ローンの方が、民間の教育ローンよりも低く設定されていますので、教育ローンをお考えの方は、まずは、国の教育ローンを検討するほうがいいでしょう。

公的な教育ローンについてですが、最も代表的なものは、日本政策金融公庫が取り扱う、教育一般貸付です。融資額は生徒ひとりにつき350万円以内で、返済期間は15年以内です。こちらの申し込み条件ですが、世帯の年間収入が子供1人の場合、790万以内です。

「以内」というのがポイントになりまして、教育ローンは、高額所得者になると借入ができないことがあります。通常借入をするのであれば、高額所得者であればあるほど、条件がよくなり、金利も低く、借りやすくなるのですが、教育ローンでは所得が低い人ほど、有利な条件になります。ここは気を付けておいたほうがいいでしょう。

参照元:日本政策金融公庫「教育一般貸付 (国の教育ローン)」

「教育ローンのオススメは?低金利で借りるなら国と銀行どっち?」

マイカーローン

マイカーローン(オートローン)は車を購入する際、自動車ディーラーや、金融機関などに購入代金を貸し付けてもらうことで、一括で自動車を購入できれば一番いいのですが、自動車がすぐに必要な場合や、田舎にいるので自動車は必須という方は、マイカーローンを利用されるのがいいでしょう。

もちろん他のローンと同じく支払利息が発生しますので、返済期間が短ければ短いほど有利になるのですが、自分の月給と返済負担割合を見ながら無理のない範囲で返済していくのがいいでしょう。

また、少しでも貯金に余裕があるのであれば、頭金を出し、借りる金額を抑えることが支払利息を減らす方法になります。

また、借入する際に、条件として連帯保証人が必要になる場合もあります。ですので、親や親せき等にあらかじめお願いしなくてはいけない時もあるでしょう。

マイカーローンも他のローンと同じく審査があります。その際の条件も基本的には他のローンと同じですが、返済負担比率(年収に占めるローン等の返済の割合)は気を付けておいた方がいいでしょう。

例えば、年収500万円の人が、ローンの返済が年間200万円の返済総額になる場合、返済負担比率は40%になります。

一般的に返済負担比率が40%を超えてきた場合、新しいローン契約が難しくなる傾向にあります。

どちらにせよ、マイカーローンは自分の年収に応じた自動車を購入することが大事になってくるでしょう。年収300万円で貯金もないにもかかわらず、1000万円の高級車に乗ろうとすると、返済はかなり厳しくなってきます。

要は、身の丈にあった生活をしましょうということです。

「マイカーローン金利を比較!FPが教える おすすめローン」

カードローン

カードローンとは、主に銀行が取り扱っている個人に向けたローンのことです。

マイカーローンや教育ローンと違い、利用目的の制限がなく、事業資金には利用できないですが、それ以外なら何でも利用できるという利点があります。また、カードローンはフリーローンと違い、限度額まででしたら、上限になるまで何度も繰り返し融資をうけることができるので手軽です

ですので、油断するとついつい借りすぎてしまうのがカードローンの恐ろしさです。

「即日融資可能なカードローンを徹底検証!」

フリーローン

フリーローンは上記のカードローンと同じく主に銀行が取り扱っている個人に向けたローンですが、カードローンとの違いは、繰り返し何度も借入ができないという点です

フリーローンはまず一度全額借入をし、毎月返済していき、その返済が完済してから、もう一度審査をうけることになります。こちらは審査を何度も受ける手間はかかりますが、その分返済計画が立てやすいというメリットもあります。

事業ローン

事業ローンは、主に個人事業主や、中小企業の経営者に向けたローンになります。

一般的に、カードローンやフリーローンなどは事業目的での利用は禁止されています。ですので、個人事業主などが事業目的で借りる際はこちらのローンを利用することになります。

「銀行でお金を借りるならどこがいい?失敗しない銀行ローン」
「銀行から事業者がお金を借りる方法とは」

また、どのようなローンを利用するかによって必要となる書類が異なってきます。そのあたりをまとめましたので以下の記事も参考にしてみてください。

「銀行でお金を借りるときに必要なものは?ローン別に紹介」

ブラックリスト(信用情報)について

ブラックリストとは指定信用情報機関(CIC)、「異動」=ブラックリストのことです。

カードの支払などの延滞が61日以上あった場合、個人信用情報(CIC)に書き込まれますので、つまり過去にカードの滞納があれば、ブラックリストに乗ってしまいます。こうなってしまうと、銀行からの借入はかなり苦しくなります。

消費者金融から借りたことがあり、さらに返済が遅れたことがある。

こちらは、一部の銀行ではまず消費者金融から借り入れをしたことがあるという時点で審査が駄目になることもあります。他に上記と同じですが、滞納があった場合、やはり審査として厳しくなってきます。

借入する際の年齢について

銀行から借り入れをする際の年齢についてお話します。

銀行の立場からすると、小さな子供に大金を貸しても返済能力がないでしょうし、逆に高齢の方に大金を貸しても、返済期間を短く設定せざるを得ません。返済能力を見る上では年齢は重要な要因となってきます。

住宅ローンでしたら、80歳までに完済するのを限度と考えた場合、35年の住宅ローンを組むのでしたら、45歳が限界になります。しかし45歳にて住宅ローンを借りても通常企業の定年は65歳です。

また、定年65歳でも60歳以降に今までと同じ年収を得ることができるかといえば疑問を生じます。そしてさらに65歳から80歳までの収入を公的年金のみでは生活するだけで精一杯でしょう。

このように考えた場合、住宅ローンを借りるのであれば、制度としては45歳まで借りることができても、30歳代で借りるのが理想ではないでしょうか

また、他のローンに関しても同じく年齢が上がれば上がるほど、返済に対しての収入が減る可能性もあり得ますので、無理のない返済計画を立て、早め早めに行動するのがよいでしょう。

自己破産をしていた場合は?

自己破産していた場合ですが、自己破産をすると信用情報を保管する期間に最長5年ほどは残ります。

そうしますと、その間は借入ができないけれども、それが過ぎたら借入ができるようになるかと言えばそこまで簡単ではありません。

というのも例えばA銀行からお金を借り、そこで自己破産して借金を踏み倒した場合、A銀行が再び貸してくれるでしょうか。よほどのことがない限りそれは難しいでしょう。

では借入をしていないB銀行であった場合はどうでしょうか。銀行にはKSC(全国銀行協会)というものがあり、信用情報を保管し、銀行で共有されております。

この情報は10年ほど保管されており、それまでの間はどの銀行でも借入は厳しいでしょう。ただ、銀行以外の消費者金融などでしたらまだ可能性があるので、もし借入が必要であればそちらをあたるも一つです。

自己破産後に再び借入が必要というのは、そもそもまた同じ過ちを繰り返す可能性があるということです。もし自己破産したのであれば、今後はそうならないように綿密にライフプランや事業計画を立てておくことをお勧めします。

勤務実績について

借入をする際、勤務実績はどうなるのでしょうか。例え一部上場でも入社後いきなりお金をかりることができるのでしょうか。

勤続年数について

まずは勤務年数ですが、最低でも1年以上は勤めておいたほうが借入はしやすいでしょう

というのも勤続して1年たっていないということは、どれほどいい会社に勤めていても、転職し、不安定な収入になる可能性があるからです。ですので、銀行から借り入れが必要であれば1年間は同じ会社に勤めていたほうがいいでしょう。

勤務先(職種等)について

勤務先(職種等)も借入をする際の条件において大事になってきます。

公務員と個人事業主では収入の安定に差がありますし、会社員でも中小企業と一部上場企業では、会社そのものの安定性が違います。いくら自分で頑張って働いても、勤めている会社が倒産してしまっては、無収入になってしまうからです。

他社での借り入れ状況について

他社での借り入れはどう影響するのでしょうか。

こちらも銀行から借り入れをする際の重要な条件になります。銀行は収入に対していくら返済ができるかを見ていきます。その際、A銀行から既に何百万もの借入があれば、すでにそちらの返済で手がいっぱいでは?と考え、審査に落ちる可能性があります。

何社からも借入をするというのは既に返済計画が崩れている可能性もあるので、そのような場合は、できる限り1本化し、計画をみなしていくべきでしょう。

賃貸か持ち家かについて

返済をする際の収入はもちろんのこと、借り入れをする人の支出の部分も重要です。

生活するうえでの固定費といえば家賃です。この家が賃貸か持ち家かで、支出の部分は大きく変わってきます。特に実家住まいや、既に住宅ローンを返済している状態での持家であれば、かなり余裕があるとみられますので、審査において、有利になるでしょう。

まとめ

銀行で借り入れをする際に、様々な条件があることがおわかりになったでしょうか?

しかし、これらの条件をすべてクリアーしたからといって、必ず借りられるとは限りません。また、借りることができなかったからといって、諦める必要もありません。

銀行独自の条件があり、一つの銀行がダメなら他の銀行をあたり、全てダメだった場合は、上記の条件の何かが足りていない可能性があります。

審査に落ちた場合、理由を教えてくれることはなかなか難しいのですが、もし上記の条件に一つでも当てはまるのであれば、それらを改善するようにしていくことがいいでしょう。

ライフプランを考える上でも、豊かな老後を暮らす上では年収アップは必須です。そのためにも、年収などをあげ、いつでも借入することができる状態にすることがよいでしょう。

執筆者

執筆者
■金子ちえ
金子ちえ
21女/某金融系の会社に勤務。金融アドバイザーをしています。
「金子ちえです。カードローンやお金に関する情報をお伝えします!」
●ツイッター⇒@kanekochie