「専業主婦でも申し込んだその日にキャッシングができるの?」

家族のためにあの手この手を使って家計をやりくりしていても、冠婚葬祭とかご主人さんのお付き合いとか医療費などなど、急な出費というものはいつ何時発生するかわかりません。

普段から貯蓄していれば、こういった緊急時も乗り切れるのですが現実はそうもいかず…

そういった場合の最終手段として「キャッシング(カードローン)を利用する」といったことが考えられます。

ここでは、主婦がキャッシング(カードローン)を利用する前に気をつけておきたいことや、審査に通過するためのポイントなどを説明していきます。

専業主婦は消費者金融で借入れができない?

消費者金融で即日キャッシングができるところというと、アコムやプロミス、アイフルといった大手を思い浮かべるかもしれませんね。

ただ、これらの大手消費者金融へ専業主婦が申込みをしても審査に通ることはないと思っていいでしょう。

貸金業法における例外規定として「配偶者貸付」というものがあり、配偶者との年収を合算した金額の3分の1まで借入れできるというものです。

これには配偶者の同意書と婚姻関係を示す書類、配偶者の年収を証明する書類が必要となるわけですが、この方法を使えば借入れができるとされています。

参考:日本貸金業協会

ただ、先ほど挙げたアコムやプロミス、アイフルに関しては、配偶者の同意に基づく融資は行っていません。

つまり、専業主婦は申込みができないといった状況です。

他の中小規模の消費者金融であれば借入れ可能なところはありますが、利便性や金利等の条件面を考えるとあまりオススメはできません。

専業主婦でも銀行カードローンなら借入れが可能かも

収入がないということでキャッシングの申込みができないというのは先述したとおりです。

ただ、この「配偶者貸付」は、あくまでも貸金業法上の話ですので対象となるのはアコムやプロミス、アイフルといった貸金業者です。つまり、貸金業法とは関係ない銀行の商品であれば問題ないということになります。

これは銀行が銀行法に則って運営を行っているからで、極端な言い方をすると貸金業法で定められたことなんか知ったこっちゃないというわけなんです。だから、銀行カードローンは銀行法の範囲内であれば自由に条件を定めることができます。

資力のある大手の銀行であれば、専業主婦でも申込みができるカードローン商品を提供できるというわけです。

ただ、銀行でお金を借りるとなると手続き等が面倒なイメージがあるかもしれません。しかし、最近では銀行が取り扱っているカードローンの大半がアコムやプロミスといった消費者金融での申込みと大差ないくらい手続きが簡素化され、申込みやすくなっています。

少し細かい話になってしまいますが、最近はどこの銀行カードローンも保証会社に消費者金融系の会社を入れています。

このことで、審査のスピード化を図り融資までの時間を短縮しています。

つまり、表向きは銀行カードローンですが、審査は消費者金融といった図式ができあがり、非常に利用しやすい環境が整っているというわけです。

主婦がカードローンを選ぶときのポイント

ここまでは「専業主婦」の方がカードローンを申し込みする際のポイントなどについて説明してきましたが、ここでは正社員や派遣社員、パート・アルバイトなどをされていて、ある程度安定した収入のある主婦の方も含めて説明していきたいと思います。

専業主婦がカードローンを選ぶときのポイント

先述したように専業主婦の場合、申込みが可能なカードローンは「銀行カードローン」のみとなってしまいます。

専業主婦が申込みできる代表的な銀行カードローンは楽天銀行カードローンなどが有名です。

ただ、銀行にもよるのですが条件があり、配偶者の方、つまりご主人さまに安定した収入がないといけないといったところがあります。

また、申込みの際に世帯年収もしくはご主人さまの年収を入力する形になっていたり、勤務先などの情報を入力を求められるケースもありますので、事前にこれらの情報を把握しておくといいでしょう。

カードローンの限度額についてですが、ほとんどの銀行が30万円~50万円に設定されています。あらかじめ、そのことを念頭に置いておきましょう。

主人の勤務先へ連絡があるの?

ご主人様の勤務先や年収を入力しないといけないとなると、気になるのが「ご主人様の勤務先へ銀行から連絡が入るのかどうか」という点ではないでしょうか。

これに関しては、専業主婦の申込みが可能になっている各銀行へ確認してみました。

結果は、ほとんどの銀行が「ご主人さまの勤務先への連絡はしないとの回答でした。ただ、詳細は教えてもらえませんでしたが状況によって連絡をする場合もあると回答した銀行もあるにはあるのですが、余程のことがない限り、ご主人様の勤務先への連絡はないと思っていただいても大丈夫です。

兼業主婦がカードローンを選ぶときのポイント

兼業主婦になると雇用形態などで収入の多い少ないという差はあるにせよ、ある程度の収入を得ていますので申込みができるカードローンの選択肢が増えます。

兼業主婦の場合であれば、銀行カードローンだけでなく、アコムやプロミスなどの大手消費者金融のカードローンへの申込みが可能になってきます。

ただ、ごくまれにですが「パート・アルバイトの方は申込みできません」といった商品もあります。

事前にいくつかの商品をピックアップしておいて、申込みができるかどうかの確認をするといった形がベターです。

申込みができることを確認できたら、次に「パート・アルバイトでいくらまで借りれるのか」といった点を確認してください。

これは、30万円までとか50万円までといった具合に明記してくれている商品もあるのですが、明記していない商品もよく見かけます。

もし、あなたが「100万円の借入れ」を希望しているのであれば、100万円以内などと書かれている商品を選択することをおすすめします。そういった商品が見つからない場合は申込可能金額が記載されていない商品を選択するといった流れがいいでしょう。

商品の選択としては、まず大手銀行のカードローンをメインにして、普段使用している銀行のカードローン、そしてアコムやプロミスといった消費者金融の商品といった順番で見ていくと条件に合った商品が見つかりやすくなります。

どうしても条件にピッタリの商品が見つからないという場合は、条件面で多少は妥協できる点を見つけて商品を再選択してみてください。

小さいお子さんがいらっしゃる主婦の方がカードローンを選ぶには?

少し本題とはそれてしまうかもしれませんが、小さいお子さんがいらっしゃるとなると外出するのも一苦労です。ましてや、あまり長い時間外出するとなるとさらに大変です。

そういった方がカードローンを利用する際に確認しておきたいポイントについても説明していきます。

最近ではインターネットやスマホの普及によって、キャッシング・カードローンの申込みは家にいながらできるようになりました

本人確認書類なども、スマホで写真を取ってアップロードするだけでOKになっているところもあります。

また、契約に関してもWeb上で行うことができるので、印鑑を持ってわざわざ店舗まで行くといったことがなくなりました。

借入れに関しては、大手の銀行または消費者金融であれば「振込融資」に対応していますが、他行の口座への振込融資には対応していない銀行もあります。

その場合は、申し込みをする前に口座を開設しておかなければならないので、借入れをするまでに多少時間がかかってしまうというのがネックです。

「主婦が内緒でキャッシングする方法!郵送物なしのカードローン」

主婦がカードローン審査に通過するポイントとは?

一番確実なのがパート・アルバイトをして、少ないとしても毎月収入を得る環境を作ることです。

キャッシングだけでなく、カードローンの商品詳細ページに書かれているのが「安定した収入がある方」といったことです。

かつ、「パート・アルバイトも申込可」といった内容が書いてあれば、あとは借入希望額次第でキャッシング審査を通過する確率はグッと上がってくるでしょう。

「そんな単純なことで?」

ひょっとしたらこのように思われたかもしれませんが、収入がないと申込みすらできない商品があるくらいです。

少しと言ってもそれは「収入」ですから、自信を持って申込みしてください。

ただ、ひとつ気をつけないといけないのが、収入が少なければそれだけ借り入れできる金額も多くはないということです。

商品によっては「パート・アルバイトの方は30万円以内」といった注意書きがあったりします。

この点に関しては事前にしっかり確認しておくのがいいでしょう。