「残クレなら月々の支払いが楽になる」
「クルマの買取額が補償されるのでお得」

日産でクルマを購入するとき、販売担当者から「残クレ(残価設定型ローン)」を進められることがあります。

確かに残クレなら、月々の支払をおさえながら新車を購入することが可能です。しかし、残クレはやや複雑なローンなので注意点も多いです。しっかりと理解せずに利用してしまうと「支払額が思ったよりも大きくなった」「買取補償額が適応されなかった」など、失敗してしまうこともあるのです。

そこで、今回は日産の残クレについて徹底解説してみました。この記事を読めば、日産の残クレはどのようなローンなのかや、注意すべきポイントなどをしっかりと理解することが可能です。

日産の残クレとはどのようなローンなのか?

日産の残クレは、あらかじめ数年先の買取補償額(残価)を決め、その額を差し引いた金額を分割するローンとなります。買取額が補償されるので中古相場に影響されず、分割なので月々の支払が楽になるというメリットがあります。

なお、日産の残価設定型ローンには「残価設定型クレジット」「テーガク5」の2種類あります。

この2つの大きな違いを簡単に説明すると、車検点検やオイル交換などのメンテナンスが付いているかいないかです。「残価設定」の部分に関してはどちらも違いがありませんので、「残価設定型クレジット」を選択するにしろ「テーガク5」を選択するにしろ考え方は同じです。

「テーガク5」の詳細はこちら

日産のディーラーローンも検討しているのでしたら、こちらの記事も参考にしてみてください。

「日産の自動車ローンの金利と特徴は?審査は通りやすい?」

残価が車両価格から割引されるわけではない

残価を差し引いた分を分割するとはいっても、残価分が割引になるわけではありません。残価は最終回に支払うことになります。例えば、180万円の車を残クレで購入したいとき、残価が60万円だったとしましょう。

この場合、まず残価の60万円を引いた120万円を分割することになります。この支払が終了しましたら、残価の60万円を最終的に以下のような方法で支払うことになるのです。

  • 新しい車に乗換える
  • 車を返却する
  • 車を買取る

新しい車に乗換える場合、残クレで購入した車を下取りに出すことになります。そのため、あらかじめ決めた残価分を、新車価格から割引いて購入することが可能です。

車を返却する場合、残価を支払う必要はありません。よって、残価の支払額が0円となり、実質的に残価を割引いた価格で購入できたことになります。

車を買取る場合、残価を一括か再分割して購入することになります。再分割すると、残価にも金利がつきますので、支払総額が大きくなるので注意しておかなくてはいけません。

車両買取補償には4つの条件がある

日産の残クレは車両の買取額が補償されていますが、無条件で補償がきくわけではありません。車両の買取補償額が適応されるには以下の4つの条件を守る必要があります。

  • レースでの使用や違法改造がないこと
  • 事故による修復歴がないこと
  • 走行距離が事前に設定した範囲内であること
  • 内・外装の損傷による査定減点が免責基準の範囲内であること

違法改造ならびに事故修復歴について

1と2については詳しい説明は不要でしょう。日産の残クレは車両を購入時の状態で返すことが条件なため、改造や事故による修復歴があると買取補償額が適応されません

走行距離について

日産の残クレには買取補償額が適応される走行距離が決まってきます。そのため、走行距離が事前に設定した下表の距離数以下である必要があります。

契約走行距離 清算 3年(36回) 4年(48回) 5年(60回)
1,000km/月
コース
免責基準 36,000km 48,000km 60,000km
清算可能上限 54,000km 72,000km 90,000km
1,500km/月
コース
免責基準 54,000km 72,000km 90,000km
清算可能上限 81,000km 108,000km 135,000km

例えば、「1,000km/月コース」で支払期間が5年(60回)の場合、走行距離が60,000km以下であれば、事前に設定した買取補償額が適応されます。逆に、走行距離60,000km以上になってしまうと買取補償額が適応されません

ただし、清算可能上限の90,000km以下であれば、精算金を負担することによって、車の返却が可能となります。

免責基準について

残クレで購入した車を下取りや返却する場合、日産販売会社により査定を受けることになります。そのとき、内・外装の損傷を減点方式で採点されます。この査定減点が下表の免責基準の範囲内である必要があります。

車種 免責基準 清算可能上限値
フーガ・GT-R・フェアレディZ・エルグランドなど 20万円以内 25万円以内
スカイライン・ティアナ・NV350キャラバン 15万円以内 20万円以内
マーチ・ノート・セレナ・エクストレイルなど 10万円以内 15万円以内

参考:日産「残価設定型クレジットとは」

上記の免責基準(修理費用)の範囲内であれば、事前に設定した買取補償額が適応されます。

例えば、「スカイライン」なら修理費用が15万円以内であれば、買取補償額が適応となります。15万円を超え場合でも、清算可能上限値の20万円以内であれば清算は可能です。ただし、「査定減点×1,000円」を自己負担する必要があります。

このように、買取補償額で買取ってもらうためには、これまで解説した4つの条件を満たさなくてはいけません。4つの条件を満たない場合、買取ができない場合や、清算金が発生してしまうことがあるので要注意です

日産の残クレにはどんなメリットとデメリットがある?

日産の残クレは誰にでもおすすめできるローンというわけではありません。向いている人とそうでない人がいます。そのため、利用する前にはメリットとデメリットをしっかり理解しておく必要があります。

日産の残クレのメリットはこの3つ!

日産の残クレは、残価を差引いた分を分割払いするため、通常の分割払いよりも月々の支払額が安くなります。最低3,000円~となっていますので、月々の支払額をおさえながら新車の購入が可能です。

日産の残クレは、あらかじめ数年先の買取価格を補償しておきます。よって、買取相場に影響されないんですね。たとえ、買取相場がガクンと下がっても、買取価格が補償されていますので影響を受けません。

日産の残クレは、新車に乗換える場合、残価を支払う必要がありません。なぜなら、残価分を下取り価格として、新車価格から割引くことができるからです。そのため、3~5年の短い期間で新車に乗換えることもできます

日産の残クレのデメリットはこの4つ!

車を買取る場合、残価を一括にするか分割にするか選ぶことになります。もし、分割にした場合、残価にも金利がかかりますので総支払額が大きくなってしまいます

日産の残クレには走行距離の上限があります。この上限を超えた状態で下取りや返却をする場合、精算金を支払わなくてはいけません。また、清算可能上限を超えた場合は下取りや返却ができなくなります

事故を起こし修復歴があると、買取価格が補償されないケースがあります。その場合、別途追加料金が発生してしまう可能性が高いです

買取価格が補償されるのは、基本そのままの状態で下取りや返却する場合です。

よって、オプションをつけたり、改造するなどのカスタマイズをしてはいけません。オプションなどを付ける場合は、契約時に設定する必要があります。なお、下取りや返却でなく、車を買取る場合(残価を支払う場合)はカスタマイズをしても問題ありません。

残クレのデメリットをFPの視点から徹底解説!
「残価設定型ローン(残クレ)のデメリットをFPが徹底解説!」

日産の残クレ審査~必要な物やその流れ

審査を受ける前にどんな物が必要になるのかを知っておきましょう。必要な物を事前に知っておけば、あとから探す手間がなくなり、申込がスムーズになります。日産の残クレの審査に必要なもの以下の4点です。

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 銀行届出印
  • 通帳(口座振替の金融機関や口座番号がわかるもの)

日産の残クレの審査の流れ

日産の残クレの審査は以下のようなステップでおこなれます。

  • 申込
  • 審査
  • 契約
  • 納車

申込は日産の販売会社を通して、「ニッサンオートクレジット」に行います。クルマの購入時、販売担当者に「残クレにしたいと」告げましょう。

審査は「日産フィナンシャルサービス」がおこないます。審査はクレジットカードとおなじ、「スコアリングシステム」「信用情報機関への照会」によって、合否が決定します。

審査に無事通過できましたら契約です。契約後「日産フィナンシャルサービス」が代金を立替払いします。契約が完了し、立替払いが済みましたら、日産販売会社にて登録手続終了後、納車がされます。

日産の残クレについてよくあるQ&A

ここでは日産の残クレについてよくある質問をまとめて見ました。申込前の参考にしてもらればと思います。

残クレの対象車は?

基本的に日産の乗用車すべての車種が対象となっています。そのため、お好きな車種を選択することが可能です。ただし、一部グレード(パッケージやタイプなどの仕様)は対象外となります。

日産の中古車は残クレ可能?

日産の場合、残クレが可能なのは新車のみです。よって、中古車には対応していません。

日産の残クレは頭金なしでもOK?

頭金ありとなしの両方のプランから選択可能ですので、頭金なしでも利用できます。

契約終了時には、必ずクルマを返却する必要があるの?

最終回の支払は「下取りして新車に乗換える」「クルマを返却する」「そのまま乗り続ける(残価を支払う)」の3つから選ぶことが可能です。そのまま乗り続けるを選べば、返却する必要はありません。

クルマを傷つけた場合、保証額はどうなるの?

クルマを傷つけてしまった場合でも、事前に決められた条件内であれば、買取額は補償されます。

「残価設定型クレジットで契約した車の車検や自動車税について」

日産の人気車種を残クレで購入した場合のシミュレーション

ここでは日産の人気車種で残クレした場合、どんな感じになるのかシミュレーションしてみました。購入前の参考にしてもらえれば幸いです。今回は以下の条件で算出しています。

  • 金利 4.9%
  • 支払期間 5年(60回払い)
  • 契約走行距離 1,000km/月
  • ボーナス払い併用(12月/7月)

日産 ノート X DIG-S(2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込み) 1,738,800円
頭金 522,800円
分割支払額(初回)×1回(9月) 9,666円
分割支払額(2回目以降)×48回 3,500円
分割支払額(ボーナス)×10回(12月/7月) 83,000円
最終回支払い額×1回 ①新車に買いかえ 0円
②クルマを返却 0円
③クルマを自分で買取 417,000円
支払い総額 ①②の場合 1,530,466円
③の場合 1,947,466円

参考:日産 残価設定型クレジット「ノート」

日産 エクストレイル 20X(4WD2列シート車) 

メーカー希望小売価格(消費税込み) 2,755,080円
頭金 834,080円
分割支払額(初回)×1回(9月) 12,651円
分割支払額(2回目以降)×48回 6,000円
分割支払額(ボーナス)×10回(12月/7月) 80,000円
最終回支払い額×1回 ①新車に買いかえ 0円
②クルマを返却 0円
③クルマを自分で買取 1,212,000円
支払い総額 ①②の場合 1,934,731円
③の場合 3,146,731円

参考:日産 残価設定型クレジット「エクストレイル」

日産 セレナ X Vセレクション(2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込み) 2,674,080円
頭金 914,080円
分割支払額(初回)×1回(9月) 15,260円
分割支払額(2回目以降)×48回 5,600円
分割支払額(ボーナス)×10回(12月/7月) 88,000円
最終回支払い額×1回 ①新車に買いかえ 0円
②クルマを返却 0円
③クルマを自分で買取 935,000円
支払い総額 ①②の場合 2,078,140円
③の場合 3,013,140円

参考:日産 残価設定型クレジット「セレナ」

日産 エルグランド 250Highway STAR S(2WD・7人乗り)

メーカー希望小売価格(消費税込み) 3,395,520円
頭金 520円
分割支払額(初回)×1回(9月) 35,067円
分割支払額(2回目以降)×48回 26,200円
分割支払額(ボーナス)×10回(12月/7月) 130,000円
最終回支払い額×1回 ①新車に買いかえ 0円
②クルマを返却 0円
③クルマを自分で買取 1,392,000円
支払い総額 ①②の場合 2,593,187円
③の場合 3,985,187円

参考:日産 残価設定型クレジット「エルグランド」

手数料で損したくないなら「繰上げ返済」を活用

日産の残クレはローンなので手数料が発生します。

手数料は支払回数が多いほど高くなりますので、なるべくなら支払回数を減らすことがおすすめです。しかし、支払回数を減らしてしまうと、月々の支払額が増えます。このような時、活用したいのが「繰上げ返済」です。

繰上げ返済とは、いつもの支払額よりも多めに支払うことを指します。日産の残クレは繰上げ返済が可能ですので、余裕のあるときは多めに返済すればいいんですね。この繰上げ返済を使えば、残高を早く減らせるので支払い回数も少なくなり、手数料も減額することができるというわけです

繰上げ返済をするとどれくらいお得になる?

繰上げ返済をするとどれくらいお得になるか、実際に見てみましょう。例えば、以下のような条件で残クレを組むとしましょう。

  • ローン額 200万円
  • 残価 80万円
  • 利率 4.0%
  • 支払期間 5年

上記の場合、手数料は283,614円で総支払額は2,283,614円となります。

この状態から、繰上げ返済をして支払期間を3年に短縮できたとしましょう。すると、手数料を283,614円⇒169,200円に、総支払額を2,283,614円⇒2,169,200円に減額することができます。このように繰上げ返済を活用すれば、手数料を大幅に減らすことが可能なんですね。

まとめ

日産の残クレなら、残価として数年先の買取額を保証することが可能です。

そして、その分を差引いて分割を組めますので、月々の支払額をおさえることができます。しかし、クルマを買取る場合、残価は最終回に支払う必要があります。よって、残価分が割引になるわけではありません。また、買取補償額が適応されるには条件もありますので注意しておきましょう。

超低金利のおすすめマイカーローン!
損保ジャパンマイカーローンは24時間申込可能!
ジャパンダ・ネットマイカーローン
  • 実質年率 1.90%~2.85%
  • 借入額 20~1000万円
  • 審査時間 最短12時間
  • 低金利
  • 借換え
  • 保証料込
  • 金利優遇
  • 口座開設不要
  • 中古車可
  • キャンセル可
  • 土日祝OK

損保ジャパンのマイカーローンは固定金利だから完済まで安心して利用できます。新規口座は不要で24時間WEB申込が可能!

※ジャパンダ・ネットマイカーローンは「損保ジャパン日本興亜」のオートローンです

ジャパンダ・ネットマイカーローンの申込みはこちら

執筆者

執筆者
■金子ちえ
金子ちえ
21女/某金融系の会社に勤務。金融アドバイザーをしています。
「金子ちえです。カードローンやお金に関する情報をお伝えします!」
●ツイッター⇒@kanekochie